2018年大河ドラマ【西郷どん(せごどん)】のあらすじ(ネタバレ)です!

では、第36話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~! 

 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【西郷どん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで

 

【西郷どん】放送終了後の感想一覧表!【1話~最終話まで】  

 

【西郷どん】再放送は?更に再放送も見逃した場合は・・・?!

 

スポンサーリンク
 

【西郷どん(せごどん)】第36話あらすじ(ネタバレ)!

 

【西郷どん(せごどん)】第37話あらすじ(ネタバレ)【原作から予想】!

 

旧幕府軍は、大阪城から鳥羽方面と伏見方面の二手に分かれて京へ進軍し、薩長を中心とした新政府軍と対峙。

 

一触即発の状態が続いていた。

そして、一月三日夕刻『鳥羽・伏見の戦い』が始まった。

 

新政府軍五千に対し、旧幕府軍は一万五千。

その兵力差は歴然で、薩摩軍は徐々に後退していく。

 

恐れんな!おいたちは天子様の軍じゃ!賊軍相手に負けるこつはなか!

 

そのとき、旧幕府軍の動きがピタっと止まった。

赤い緞子に金銀日月・・・帝の軍旗である(錦の御旗)が輝くように翻っている。

 

錦の御旗は鎌倉時代などに用いられた記録はあるものの、誰も実物を見た事などない。

それを岩倉の独断で作成し、新政府軍に掲げさせたのである。

 

うろたえる旧幕府軍。

敵は退却を始めようとしていたが、吉之助は一気に追い打ちをかけよ!と号令する。

 

兄さぁ、敵も味方も大勢倒れちょっ。そいでもまだ兄さぁは・・・

 

信吾が吉之助の前に立ちはだかって説得しようとする。

すると、一発の銃弾が信吾の首筋に命中した。

 

吉之助たちが薩摩軍の本陣で軍議をしていると、伝令が駆け込んできた。

 

山崎に布陣する津藩が、わが軍に寝返りもした

 

これで勝ちが見えたと一同は喜びに沸きたった。

信吾のところに行って方がいいという新八に、吉之助は首を横に振った。

 

まだ戦は終わっちょらん。私情を挟む暇はなか

 

ところが、信じられない事が起こった。

慶喜が味方の兵を置き去りにし、ふきと、老中の板倉勝静や容保ら重臣を連れ、大阪城を抜け出したのである。

 

一行は、軍艦・開陽丸に乗り込み、江戸に向かったという。

数日間の戦とはいえ、両軍合わせて死者・負傷者は、かなりの数にのぼった。

 

岩倉に礼を言いに来た吉之助に一蔵が駆け寄った。

 

吉之助さぁ、信吾のところには行ったのか?手に負えんほどの深手ち聞いちょっど。

 

そして一蔵は、兵庫の方に腕利きの医者がいるという話を伝えると、吉之助は足を止めて一蔵を振り返った。

 

すぐに京へ呼び寄せてくいやい

 

船で大阪を逃げ出した慶喜一行は、なんとか江戸城へたどり着いた。

火鉢で暖を取っていた慶喜が、鰻にかじりついているところへ、勝が憮然とした顔で入ってきた。

 

鰻なんざ食ってる場合かい。戦に負けたのも、徳川の名を貶めたのも、みんなあんただ。あんたは、徳川の恥だよ。

 

上様に何という事を!

 

俺たちが大阪城に居座ったら、戦は長引く。徳川を朝敵にするわけにはいかねえだろうが。

 

それを聞いたふきがぽつりと言う。

 

あなたは西郷様が恐ろしいから逃げたんです。

 

黙れ!

 

あの人は心根のお優しい方です。あなたが心から悔い改めれば必ずや許してくださいます。

 

出ていけ!二度と、その面見せるな!

 

そして、ふきと勝は去っていった。

 

慶喜の命

 

数日後、危篤状態だった信吾が目を覚ました。

 

おいは・・・生きちょっとか・・・

 

ウイリスさぁが助けて下さったとじゃ。英国人の医者じゃ。

 

一蔵が言った。

本来、京に異人を招き入れるなど、許されない事だ。

 

吉之助がイギリス公使のパークスに頼み込み、不敬を承知で帝に直接、許しを願い出でたおかげだった。

 

鬼が弟のために、そげんこつまでするち思うか?

 

一蔵が言うと、信吾の目に涙が溢れた。

慶応四年二月、吉之助たちは関東征伐のため、京を出発する事になった。

 

そこへ、まだ痛々しい姿の信吾がやって来た。

吉之助の戦に対する思いに、自分も参加させてくれと言う。

 

・・・好きにせぇ。

 

吉之助は、信吾の強い思いを止める事は出来なかった。

そして、薩摩を中心とする新政府軍総勢五万は、駿府城に入った。

 

慶喜は、上野の寛永寺に謹慎しており、越前や尾張からは進軍をやめるよう、連日書状が届けられている。

この状況では、戦に大義名分はないとする有栖川宮と林に、吉之助は断固として言った。

 

慶喜討伐は、天子様のご命令でございます。

 

慶喜が生きている限り、徳川に義を尽くそうとする者はいくらでもいるのだ。

そして新政府軍の江戸城総攻撃は、三月十五日に決定した。

 

すると、駿府城に一人の武士がやってきた。

 

朝敵、慶喜が家来、山岡鉄太郎!火急の用があって、西郷吉之助殿に目通り願いたい!

 

城の一室で吉之助と向かい合うと、山岡は懐から書状を取り出した。

慶喜から交渉の一切を委ねられた勝からの手紙である。

 

それには、異国と手を組むことも、日本を統べることも放棄したので、すぐに戦を取りやめて江戸に来て欲しいという内容だった。

 

申し訳ないが、いくら勝先生のお言葉でも、こいは聞けません。

 

・・・西郷殿、この命と引き換えにわれらが願い、天子様にお伝え願いとう存じまする。

 

そう言って、腹を突こうとする。

 

やめ。ないごて、あん慶喜公の為にそこまで・・・

 

侍が主を信じられなくなったら、それはもう侍ではございますまい。

 

お互い黙したまま、しばらく見つめ合った。

そして、吉之助は不意に破顔した。

 

・・・分かった。勝先生にお会いいたしもんそ。

 

西郷殿!

 

おいが信じるのは貴殿じゃ。貴殿のような男を死なすのは惜しか

 

こうして数日後、吉之助は半次郎と川路を供に連れ、江戸へやってきた。

吉之助はそこで、思わぬ人物と再会する事になる。

 

【西郷どん】37話(11/30)あらすじ(ネタバレ)! に続く!

 

山岡鉄舟を西郷どんで演じる藤本隆宏は元オリンピック選手!鉄舟の逸話とは?

 

【西郷どん】勝海舟役は遠藤憲一!江戸無血開城を解りやすく紹介!

 

大河ドラマ【西郷どん】キャスト表!

 

スポンサーリンク
 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【西郷どん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで

 

【西郷どん】放送終了後の感想一覧表!【1話~最終話まで】  

 

【西郷どん】再放送は?更に再放送も見逃した場合は・・・?!