2018年大河ドラマ【西郷どん(せごどん)】のあらすじ(ネタバレ)です!

では、第11話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~! 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【西郷どん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで

 

【西郷どん】再放送は?更に再放送も見逃した場合は・・・?!

 

スポンサーリンク

 

【西郷どん(せごどん)】第11話あらすじ(ネタバレ)!

 

 

梅雨入り前の晴天の庭に楽しげな篤姫の声が響き渡る。

土俵で見合っているのは、吉之助と斉彬の五男・虎寿丸だ。

 

虎寿丸様!西郷をやっつけなさいませ!西郷!手を抜く事は許さぬぞ!

 

虎寿丸は六歳。

こんなに楽しそうに生き生きしている篤姫が・・・

 

ふと斉彬の言葉が脳裏に蘇る。

篤姫が不幸になるはずがない。

 

斉彬は、阿部とともに輿入れの計画を着々と進めていたが、一方で井伊直弼との対立を深めていった。

 

新たな幕政体勢を作りたい斉彬と、このまま徳川独裁を継続したい井伊。

 

また、斉彬が次期将軍に一橋慶喜を推しているのに対し、井伊は血筋として最も正当な、紀州藩主・徳川慶福を推そうとしていた。

 

まだ九つの慶福が将軍に就けば、みずからがその後見として幕政を意のままに出来るからだ。

 

そんなある日、斉彬にとって残酷な試練がおとずれた。

虎寿丸が、みまかってしまったのである。

 

篤姫たちは泣き崩れた。

だが、斉彬はやるべき事が山積みで悲しんでいる暇もなかった。

 

斉彬は、産業の近代化を目指す、集成館事業を急激に推し進めていた。

 

若君死去の報は、薩摩にももたらされた。

お由羅は、まだ久光を藩主にしようと諦めていないのか!といった話も出ていた。

 

そんな頃、正助のいる記録所に久光がやってきた。

文政七(一八二四)年に起きた宝島事件の記録を読みたいという。

 

本来なら声をかけられる身分ではないが、めったにない機会なので、正助は思い切って声をかけた。

 

恐れながら・・・ないごて、今、お調べになっとでございもすか。

 

今後、異国との戦になるやもしれん。少しでも多く知識を蓄えておかにゃならん。

 

そう言う久光に、正助は初めて尊敬の念を抱いた。

 

次期将軍

 

江戸の薩摩藩邸では、斉彬の招きで内々の会合が開かれていた。

客は、斉彬の朋友である越前福井藩主の松平慶永と、徳川斉昭・慶喜親子である。

 

そこで慶喜は驚いた。

あの磯田屋にいた、医者だ。

 

そして、慶喜は医者と吉之助を呼んだ。

吉之助は身を縮める様にして座に加わった。

 

左内の事を、優秀な男で、信頼に足る使い番だと慶永が自慢する。

しかし、本題はもちろん、次期将軍の事だ。

 

ならば篤姫の輿入れは、公方様との間に世継ぎをもうけ、いずれは薩摩が幕府を思い通りにする・・・などというもくろみは、みじんもないという事じゃな?

 

斉昭が斉彬に鋭く問いただす。

 

めっそうもない事にございます。

 

すると、慶永が苦笑を浮かべて言った。

 

公方様は、大うつけ。世継ぎはつくれん

 

ならば、なぜ篤姫様を御台所に?!

 

吉之助は、思わず大声になった。

 

跡継ぎは慶喜に・・・そう推挙するよう家定に働きかけるのが篤姫の役目だと知り、吉之助は愕然とした。

 

よう分かった。水戸を挙げて尽力いたそう。

 

慶永が手に取ろうとした酒を、慶喜がいきなり横から奪い取った。

 

黙って聞いておれば、よくもまぁ勝手な事を・・・誰がいつ将軍になりたいなどと申しましたか!

しかし、斉彬も説得しながら、断固として譲らない。

 

一橋様しか、次の公方様は務まりませぬ。

 

 

その夜、斉彬は突然倒れて、床に就いてしまった。

 

三日間眠っていた間に、吉之助は斉彬の膳から持ち出した料理を左内に調べてもらい、食事に毒が盛られていた事を知った。

 

ヒ素は、わずかでは症状が出にくい。恐らく日々の食事に少しずつ盛られていたのでしょう。

 

もしや、虎寿丸も・・・?

怒りにまかせて吉之助は、斉興と由羅が隠居暮らしをしている高輪の屋敷に押しかけた。

 

意外にも、斉興は吉之助を通した。

 

何の証拠もなく、こい以上わしらを疑うならば、こちらとて容赦はせん!二度とそん顔を見せんな!

 

そう言われた吉之助の行動は斉彬に筒抜けだった。

 

吉之助が藩邸に戻るなり、激高した斉彬に平手で殴られた。

その斉彬の顔は憔悴し、やつれ果てている。

 

お前が気にかける様な事ではない。わしは命など惜しくない。命に代えてもやらねばならぬ事がある。

 

この国を変え、強くするという思いを斉彬は伝えた。

 

民を救う国を作る。西郷、頼んだぞ。

 

・・・命は、すでにお殿様にお預けしちょいもんで。

 

斉彬の覚悟が胸に迫り、吉之助は声を殺してむせび泣いた。

 

【西郷どん】12話あらすじ(ネタバレ) へ続く

 

【西郷どん】放送終了後の感想 一覧表!

 

【西郷どん】島津斉彬の息子虎寿丸(とらじゅまる)お由羅に呪われたのか?

 

【西郷どん】井伊直弼役を佐野史郎が演じる!安政の大獄についても解りやすく紹介!

 

スポンサーリンク

 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【西郷どん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで

スポンサーリンク