2018年大河ドラマ【西郷どん(せごどん)】のあらすじ(ネタバレ)です!

では、第16話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~! 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【西郷どん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで

 

【西郷どん】再放送は?更に再放送も見逃した場合は・・・?!

 

[quads id=2]

 

【西郷どん(せごどん)】第16話あらすじ(ネタバレ)!

 

 

京にいる吉之助は、毎日あちこち駆けずり回り、ようやく兵を受け入れる準備を整えたところだった。

 

そして鍵屋で前祝いをしていた時だった。

そこへなぜだか悲しい表情の月照が現れた。

 

薩摩の山田から急ぎの書状だという。

吉之助は胸騒ぎを覚えながら書状を開いた。

 

書状を持つ手がぶるぶる震え、顔面蒼白になる。

 

斉彬は、高熱で倒れてから、そのまま帰らぬ人となった。

俊斎も、ほかの薩摩藩士たちも愕然としている。

 

どしゃ降りの中、吉之助は宿屋を飛び出した。

 

嘘じゃ・・・お殿様・・・ないごて・・!

 

命より大切な主君がこの世にいない事を吉之助が知ったのは、その死から八日後の事だった。

 

翌日、近衛家の広間に月照、吉之助、左内、俊斎が顔を揃えた。

皆が『毒やな・・・』と言い、弔い合戦じゃ!と、いきりたつ中、吉之助だけは違った。

 

・・・そげんこつ、どうでんよか。

 

驚く一同に、吉之助は低い声で言った。

 

まだ、ご公儀に負けたわけじゃなか。こげんなったら・・水戸に兵を出してもらいもす。

 

斉彬の呼びかけに立ち上がった諸藩と、その軍勢をまとめあげる事が出来るのは、水戸のご隠居・斉昭しかいない。

 

そうして改めて近衛に、詔を頼んだ。

 

どげな手を使うてもよか。お殿様の訃報を聞いて相手方が喜び、油断しちょっ今こそ、好機ではございもはんか。お殿様の命、無駄にしたらいけもはん!

 

天子様が近々、水戸へ詔を下される。

近衛が吉報をもらした。

 

左内は、京にいる諸藩の同志たちにこの事を知らせる。

吉之助は江戸に行き、斉昭にすぐ兵を出してもらえるよう要請しに行く事になった。

 

恐らくこれが・・・最後の命綱です。

 

月照の言葉に強くうなずいた。

しかし、江戸に到着した吉之助は、水戸藩邸にて門前払いされてしまったのである。

 

吉之助は磯田屋に駆けつけ、慶喜に会った。

助力を乞う為である。

 

しかし、慶喜は無理だと言う。

なんと、斉昭が蟄居(謹慎)させられたというのだ。

 

越前守も隠居謹慎。

城に押しかけた者たちも皆、咎を受けることになった。

 

近いうち、この俺にも沙汰が下る。

 

こののち、慶喜は井伊から謹慎を申し渡され、三年半もの間、邸内の一室に蟄居させられることになる。

 

いばらへの道

 

最後の望みが絶たれた吉之助は、再び京へと引き返した。

近衛と月照に事の次第を伝え、平伏する。

 

月照、近衛、左内、皆が涙を流したが、斉彬がみまってから、吉之助の目から涙がこぼれた事はない。

 

西郷はん、あんたさん、薩摩へ帰って死ぬおつもりでっしゃろ。

 

心を見透かされ、吉之助は悲しげに笑った。

 

・・・おいは、お殿様のおらんこん世におっても、意味のなか人間でごわす。

 

その頃江戸では、とんでもない事が起きていた。

幕府に刃向かおうとした者たちへの、過酷なまでの取締りが始まったのだ。

 

後世に悪名高い『安政の大獄』である。

 

帝や公家衆をたぶらかしたとして、幕府の追及の手は、京の月照のもとへも伸びていた。

 

近衛に迷惑がかからないようにと、一人で名乗り出るつもりの月照を、近衛が止める。

 

それに対し、月照が優しく言った。

 

今度の大老さんを甘う見たらあきません。それに所司代さん(幕府の役職)あたりから、私を差し出せて言われてんのでっしゃろ?

 

近衛が泣き崩れる。

しかし、出て行こうとした月照の前に吉之助が立ちはだかった。

 

月照様・・・おいと共に薩摩に行ってくいやんせ。

 

薩摩なら幕府もやすやすと手は出せまい。

近衛も左内も、吉之助の意見に賛成した。

 

そうして翌日、笠をかぶった吉之助たち三人は伏見の船着き場に向かった。

 

吉之助殿、江戸で待っております。

 

左内に見送られて、船が静かに岸を離れていく。

 

このあと左内が幕府に捕らわれる事も、恐ろしい幕府の目が自分に向けられている事も、この時はまだ知らぬ吉之助だった。

 

険しい山道を、吉之助が月照を背負って歩いていく。

その日も山中の廃寺に泊まる事になった。

 

深夜、気配がした様な気がした吉之助は、外へ出た。

そこで斉彬の姿を見た。

 

・・・お殿様・・

 

吉之助の目から涙があふれてきた。

 

おいは、お殿様のもとに行きとうございもす・・

 

吉之助は泣き崩れ、短刀を抜いた。

しかし、常に前を向いていた斉彬への忠義が、死に勝った。

 

涙に濡れた顔を上げ、夜空を見上げた吉之助だった。

 

【西郷どん】17話あらすじ(ネタバレ) へ続く

【西郷どん】放送終了後の感想 一覧表!

大河ドラマ【西郷どん】キャスト表!

 

【西郷どん】再放送は?更に再放送も見逃した場合は・・・?!

 

[quads id=2]

 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【西郷どん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで