2019大河ドラマ【いだてん】で小梅(こうめ)役を演じるのは橋本愛さんです。

さて、この橋本愛さんが演じる小梅ですが、浅草の遊女という役どころなんですよね。

 

橋本愛さんは熊本出身ですが、この遊女・小梅も熊本出身!

前回の大河ドラマ【西郷どん】では西郷の妻役を演じましたし、九州の女性を演じるのは2年連続になりますね。

 

今回【いだてん】で登場する小梅は、どんな女性なのでしょうか。。。

 

スポンサーリンク
 

【いだてん】小梅役に橋本愛!

 

【いだてん】小梅役に橋本愛!

画像引用元:https://eiga.com/person/56163/

 

橋本愛さんは1996年1月12日生まれの現在22歳! 

前回の大河ドラマ【西郷どん】では、西郷の最初の妻・須賀役で大河ドラマ初出演を果たします。

 

須賀という女性は、暗いのか明るいのか・・・

優しいのかキツいのか・・・

思った事を口に出してしまう様な女性でした。

 

そんな謎の雰囲気を持つ女性でしたが、結局最後には『優しい女性だったんだな』という事が伝わりましたけどね。

 

橋本愛さんは、3人姉妹の次女だそうですが、姉妹の中でも特別濃い系の顔だとか・・・

確かに、目力が強いイメージがありますよね。

 

だから、ちょっと謎の雰囲気がある女性を演じる方がしっくりくるのかも・・と個人的には思ったりします。

今回の【いだてん】で演じる『小梅』という女性は、前回の『須賀』とは全く違うイメージの女性ですが、一体どんな女性なのでしょうか。

 

次に紹介していきたいと思います。

 

小梅は実在する人物?

 

小梅は実在する人物?

 

では、今回の大河ドラマ『いだてん』で、浅草の『凌雲閣(りょううんかく)』辺りで客引きで生計を立てる、いわゆる遊女と呼ばれる女性が、『小梅』です。

 

実際に『小梅』という遊女がいたのかは解りませんが、今回の大河ドラマに登場する小梅は、美濃部孝蔵(古今亭志ん生)と金栗四三の人生を繋ぎ合わせる為に必要な人物なのでしょう。

 

いだてん』は原作本がなく、宮藤官九郎さんが脚本を担当されています。

宮藤官九郎さん脚本のドラマは面白いと評判なので、今回の『いだてん』も、金栗四三と田畑政治に加えて、古今亭志ん生の人生にも絡ませていくストーリーなので、どんな風に展開していくのか想像つかない部分もありますが・・・

 

さて、主人公達にうまく絡みながら登場する『小梅』という遊女について『いだてん』での役どころを紹介しますね。

 

【いだてん】で登場する小梅はどんな女性?

【いだてん】で登場する小梅は、どんな女性?

 

小梅の性格は、きっぷが良くカッコイイ!というイメージの女性です。

古今亭志ん生の若い頃(美濃部孝蔵)役を森山未來さんが演じますが、この孝蔵と小梅は同志のような関係です。

 

美濃部孝蔵と、人力車の車夫・清さん、そして小梅は、ただの知り合いという感じではなく、昔からの仲間といった存在。

でも、立場的には姉御肌の小梅が、孝蔵の尻を叩く!といった関係。

 

そして金栗四三が小梅と知り合う場面は、友人の美川と初めて浅草に観光しに行った時です。

四三と美川が歩いているところに小梅が『ちょいとお二人、遊んでかない?』と声をかけます

 

そして、友人の美川が小梅に惚れてしまうんですよね。

 

金栗と美川は熊本から東京に出てきましたが、浅草の遊女・小梅も熊本出身という設定なんです。

そういった部分で、金栗らと共通の接点はありますよね。

 

さて、最初に小梅から声をかけられた時には、ついていく事はなかったのですが、次に四三と美川が映画を観に行った帰りに、再び小梅に声をかけれます。

 

そこで、美川は小梅の方に行っちゃうんですよね。

小梅は、付き合っている男性に少しでも気に入らない部分があれば、すぐ浮気をしてしまう性格。

 

そして、小梅は美川とも恋人関係になってしまうんです。

美川と四三は友人、小梅と孝蔵は仲間、そして小梅と美川が繋がる事によって、関わりがなかった古今亭志ん生(美濃部孝蔵)と金栗四三が微妙に繋がっていくストーリーとなっているんですね。

 

落語とマラソン・・・

接点のない人物達が関わっていく為のキーパーソンとなる『小梅』。

 

遊女という設定も面白いですよね。

姉御肌でキップが良く、カッコイイ女性という役を演じる橋本愛さんにも注目です!

 

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで!

 

大河ドラマ【いだてん】キャスト表!

 

古今亭志ん生の豪快な人生と逸話!いだてんでビートたけしの演技にも注目!

 

金栗四三は中村勘九郎!いだてんの意味とマラソン人生を紹介!

 

スポンサーリンク