2019年大河ドラマ【いだてん】のあらすじ(ネタバレ)です!

 

次は、アメリカ横断だ!と意気込んだ四三は、治五郎や沢田らの意見から、オリンピック予選会として箱根駅伝を開催しました。

そんな頃に、マラソン種目がオリンピックから外されてしまうという情報を治五郎は聞いてしまいます。

皆が必死で頑張る箱根駅伝を見に行きづらくなった治五郎。

しかし、我慢出来ずレースを見に行く理事たちは感動し、岸が四三に『アントワープに行かせてやる!』と宣言します。

さて、どうなるのでしょうか・・・

 

では、第20話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~!

 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで!

 

 

 

スポンサーリンク
 

【いだてん】20話あらすじ(ネタバレ)アントワープの結果は?

 

【いだてん】20話あらすじ(ネタバレ)

 

治五郎はIOC会長・クーベルタンに直訴状を提出した。

これによってマラソンは、アントワープオリンピックの正式種目に復活した。

 

体協本部では、選手の選抜会議が開かれた。

今回は、会計監督の岸の手腕で、選手15人、監督1人の渡航費が支給される。

 

マラソンは四三、茂木ら4人と決まり、アメリカ在住のテニスの有力選手が2人選ばれた。

また、野口が陸上の『10種競技』への出場を申し出て認められ、水泳は浜松の内田正練(うちだ まさよし)らが選ばれた。

 

東京を離れた孝蔵は、その後浜松の勝鬨亭で高座に上がっていた。

ある日ちいちゃんが孝蔵に、八百庄のまぁちゃんを覚えているか?と聞いた。

 

孝蔵の落語を面白くないと言った政治のことだ。

その政治が春からは帝大生になるのだという。

 

政治はこの頃、医師に泳ぎを禁じられているにも関わらず、『浜名湾遊泳協会』を率いており、オリンピック代表に選ばれた内田政練も、この協会のメンバーだった。

 

内田のオリンピック出場を祝う会で政治は『クロール』という泳ぎ方があることを聞かされる。

 

アントワープを目指して

 

アントワープを目指して

 

ある日、四三は夜も明けきらないうちから下宿の近所を走っていると、シマと出くわした。

人目につかない早朝のうちにランニングをしているというのだ。

 

弥彦は、いずれ西洋のように日本でも女子スポーツが盛んになるかもしれないと言ったが実際には西洋でもまだ認められておらず、シマはそれを理不尽だと感じていた。

 

男が走ると喝采を浴びるのに、女は人目を気にしてこっそり走るしかないなんて・・・

 

その不満に何と答えればよいか、四三には解らなかった。

大正9年5月、アントワープに向かう日本選手団の壮行式が横浜港で行われた。

 

選手団の主将は野口、監督は東大陸上部出身の弁護士・辰野保(たつの たもつ)だ。

13人の選手と監督が横浜から船でサンフランシスコへ行き、アメリカ大陸を横断し、ニューヨークで団長の治五郎、テニスの2選手と合流した。

 

そこからは OLYMPIC 号という船でロンドン経由でアントワープを目指した。

その頃、東京女高師では、トクヨがシマに打ち明け話をしていた。

 

トクヨは見合いの話が来ているが、他に好きな人がいるので、シマに『代わりに見合いに行って欲しい』と頼んできた。

 

8月3日、一行はベルギーのアントワープに上陸。

14日に開会式の日を迎えた。

 

横浜正金銀行のロンドン支店に勤務している弥彦が日本選手団が控えるロッカールームにやってきた。

 

やぁ、久しぶりだ。韋駄天!

 

四三と弥彦は、たった2人で出場したストックホルムオリンピックを振り返り、感慨にふけていた。

 

惨敗

 

惨敗

 

それから3ヶ月後、東京高師の講堂でオリンピック報告会が開かれた。

 

会場の後方にはスヤと実次がいた。

テニスではシングルス、ダブルスともに銀メダルを獲得、野口の十種競技は12人中最下位と報告が続く中、政治が会場に入ってきた。

 

壇上では水泳の内田が、東京高師の斉藤ともども、予選敗退したと報告した。

世界の競泳界は今、クロール一色なので日本も早急にクロールを習得し、普及させなくてはならないという言葉に政治は衝撃を受けた。

 

最後に野口はマラソンの報告を始めた・・・

 

スタート後、四三は茂木たちを励ましながらアントワープの街を走った。

折返し地点では25位、その後、5位まで順位を上げ、35km地点までは快調に飛ばしていた。

 

しかし、その後ペースダウンし、16位でゴールした。

記録は2時間48分45秒だった。

 

そう報告した野口に向かって、トクヨから厳しい質問が飛んだ。

 

嘉納団長の会見はいつ開かれますか?今回の惨敗、会長の責任を問う声もあります。

 

傷心の四三

 

傷心の四三

 

一度は廃止が決まっていたマラソンを正式種目に加えてもらったあげく、四三はぶざまに負けた。

国際舞台で赤っ恥をかいたという事だとトクヨは言った。

 

報告会のあと、永井は野口とトクヨにアントワープで聞いた治五郎の言葉を伝えた。

 

会長職を辞する決心をした。綿も古い人間だからね。

 

そして50年後、100年後の日本選手たちが今と変わらずスポーツを楽しんでくれていることを望む。と、治五郎は語った。

 

傷心の四三は、オリンピック後ヨーロッパをさまよい、スタジアム近くの広場で今後の身の振り方を考えていると、突然足元に槍投げの槍が飛んできた。

 

そして短パン姿のドイツ女性がやってきて四三に謝った。

女性はそれからずっと遠くの場所から、また槍を投げた。

 

・・・・え、そぎゃんとこから?

 

女性の力でこれほどの距離を投げられるものなのかと、四三は驚愕した。

 

治五郎がIOC会長・クーベルタンに直訴状を提出した事で、なんとかマラソンがオリンピックに参加出来る事が決定した。

そして四三は、アントワープで弥彦と久しぶりに顔を合わし、ストックホルムを懐かしく振り返った。

しかし結局四三は、アントワープオリンピックでも結果を残せず、治五郎は責任を取り、会長職を辞任する事になる。

そうして傷心の四三はヨーロッパの街をさまよい、ドイツ人の槍投げ女性選手と出会う。。。

 

【いだてん】21話あらすじ(ネタバレ)に続く

大河ドラマ【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで!

2019大河ドラマ【いだてん】キャスト表!

【いだてん】感想一覧表!1話~最終回まで!

 

スポンサーリンク

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで!