2019年大河ドラマ【いだてん】のあらすじ(ネタバレ)です!

 

四三の友人の美川と、浅草の遊女・小梅によって、孝蔵は逃げなければならない状況になってしまいました。

そんな美川を四三は自分の部屋に住まわせます。

 

マラソンに夢中な四三に対し、スヤは不満を持っていました。

しかし、美川の言葉によって四三を信じる決意をし、スヤは子供を無事産みます。

そんな頃、再びオリンピック開催の連絡が四三に入ってきましたが。。。

 

では、第19話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~!

 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで!

 

 

 

スポンサーリンク
 

【いだてん】19話あらすじ(ネタバレ)箱根駅伝とオリンピック

 

【いだてん】19話あらすじ(ネタバレ)

 

日光~東京間を走り終えた四三は、次の目標としてアメリカ横断を思いつき、下宿で野口と美川に構想を語った。

そして、誰を連れて行こうかと考えているところに、辛作に案内され、快活そうな青年が入ってきた。

 

予選会を開いてはどうでしょう

 

ゴム底の足袋を買いに来たというその青年は、明治大学の沢田(さわだ)と名乗った。

四三は沢田英一(さわだ えいいち)の名前を知っていた。

 

札幌~東京間を22日で走ったという選手だ。

沢田の提案どおり予選会を開こうと四三は言い、コースをどこにしようかと考え始める。

 

そして、箱根で開催しようと皆で決断した。

その後四三は、野口と共に『箱根駅伝』の草案をまとめ、予算については報知新聞社から協賛させて欲しいと言われていたので、めどは立った。

 

治五郎は四三に駅伝の運営をやってみてはどうかと勧めた。

時期的にオリンピックの予選会と言っても過言じゃない。と治五郎は言った。

 

そして、翌年8月にベルギーのアントワープでオリンピックが開催されると決まった。と聞かされた四三は歓喜した。

 

嘉納先生!今度こそやります!

 

息子との初対面

 

息子との初対面

 

正月に四三は熊本に帰り、息子と初対面した。

 

おお!お前が正明か!

 

スヤの背中の赤ん坊に四三は呼びかけた。

そして客間に使用人や親類が次々に集まり、池部家年始の祝いが開かれた。

 

実次も下座に座っていて、四三は上座から挨拶をした。

 

旧年中は大変お世話になりました。第一子も産まれ、その上、8年ぶりにオリンピックの開催さるる事が決まったとです。

 

喜んだのは、スヤと実次だけで、反応は薄かった。

宴が始まると幾江が、スヤにも聞こえる様に大きな声で四三に尋ねた。

 

玉名にゃあ、いつ戻られますかね?

 

すると、四三より先に実次が答えた。

 

オリンピックば立派にやり遂げたら帰ってきます。

 

慌てる四三に実次は、金を出してもらうのだから、そう答えろ。とささやいた。

 

その夜、オリンピックが終わるまで東京にいるが、その後は引退して熊本に帰ってくるから待っててくれと四三がスヤに言った。

 

オリンピックのマラソン種目が・・・

 

オリンピックのマラソン種目が・・・

 

この頃、体協では緊急理事会が開かれていた。

なんと、オリンピックの種目からマラソンが外された事が分かったのだ。

 

憤る治五郎にトクヨは、第一次世界大戦の激戦地だったベルギーの市街地の写真を見せた。

ここをマラソンのランナーが走り、沿道を観客が埋め尽くす光景を想像出来るか尋ねられ、治五郎は絶句した。

 

四三が戻り、箱根駅伝の練習中に好記録が出て、このメンバーだとオリンピックでメダルも夢ではない!と喜んで姿を前に、マラソン種目が外された事を治五郎は言えなかった。

 

迎えた2月14日、有楽町の報知新聞本社前に箱根駅伝の第一走者たちが揃った。

出場は、早稲田、慶應、明治、東京高師の4校。

 

往路5区間の全10区間、往復217kmを2日がかりで走るというレースだ。

のちに正月の名物になる箱根駅伝だが、この日のスタート地点は閑散としていた。

 

審判長の四三が号砲を鳴らし、4選手が走り出した。

四三は車に乗り込んで判走し、選手たちに声援を送った。

 

スタート地点に治五郎の姿は無かった。

この日は体協本部で理事たちとオリンピックに向けて会議をしていたのだ。

 

見に行かれたらどうですか?

 

岸に言われた治五郎の顔が曇った。

 

マラソンがないのに、合わせる顔がないだろ・・・

 

感動的なマラソン

 

感動的なマラソン

 

初日、往路のレース終了時点での順位は、首位明治、2位東京高師、3位早稲田、4位慶應だった。

一夜明け、この日も体協の理事たちは本部で経過を聞いていたが、結局我慢出来ずゴール地点に駆けつけた。

 

東京高師のアンカー・茂木は新橋でトップを走る明治の西岡を捉え、デッドヒートが繰り広げられた。

そしてゴールに現れたのは、茂木だった。

 

割れんばかりの声援の中、茂木がラストスパートで逃げ切った。

続いて明治の西岡が足を引きずり、泣きながらゴールした。

その姿を見て、岸が治五郎に言う。

 

マラソン、やるべきでしょう・・・こんな感動的なレースなら絶対にやるべきです。

 

岸は涙を流し、四三を抱きしめ約束した。

 

心配するな、金栗!私が必ず君をアントワープに行かせてやるからな!

 

普段とは違う岸の姿に、四三はただ目を丸くしていた。

 

アメリカ横断の夢から発案されたオリンピック予選会。

そこから箱根駅伝が開催される事になった。

しかし、治五郎はオリンピックからマラソン種目が外されると聞かされる。

そんな中、予定通り箱根駅伝が開催される。

箱根駅伝に感動した岸は、アントワープに行かせる!と言うが、果たして実現するのだろうか。。。

 

【いだてん】20話あらすじ(ネタバレ)に続く

大河ドラマ【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで!

2019大河ドラマ【いだてん】キャスト表!

【いだてん】感想一覧表!1話~最終回まで!

 

スポンサーリンク

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで!