2019年大河ドラマ【いだてん】のあらすじ(ネタバレ)です!

 

アントワープオリンピックでは、四三達が惨敗した事を二階堂トクヨをはじめ、皆に非難されてしまいました。

しかし、そこでスヤがしっかりと四三やオリンピックに出場した選手皆にエールを送ります。

そんな事は知らない四三は、ヨーロッパで女性のやり投げを見てびっくり仰天します。。。

 

では、第21話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~!

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで!

 

 

 

スポンサーリンク
 

【いだてん】21話あらすじ(ネタバレ)四三、女子スポーツの教育へ

 

【いだてん】21話あらすじ(ネタバレ)

 

アントワープオリンピックで敗れ、しばらくヨーロッパをさまよっていた四三が日本に戻ってきた。

四三はミルクホールへ行き、シマに女性たちがスポーツをしている姿の写真を見せた。

 

おなごは強か。国力の源泉はここにある。おなごの体育ば、俺ぁやる!

 

そうしてシマに、女子代表でオリンピックに出る事も夢じゃないと熱弁した。

その時シマは、二階堂トクヨの代わりに見合いをした増野という男性と交際している事を話した。

 

四三が留守の間、播磨屋は足袋のほかに作業着、制服なども扱う『ハリマヤ製作所』に名を変え、美川は浅草で世帯を持つと言って出て行った。

 

下宿先のハリマヤ製作所に戻った四三は、長男の正明をおぶったスヤに引退する事を告げた。

ようやく一緒に熊本に帰れると安堵したスやに四三が言った。

 

女子の体育の普及に努める為に、東京府立第二高等女学校に赴任する事を決めた。熊本にはそんうち帰るけん!

 

・・・・わかりました。

 

正明と2人で熊本に帰ると言いかけたスヤに四三は言った。

 

お前はそばにおってくれ。東京で一緒に暮らそう。

 

田畑政治と美濃部孝蔵

 

浜松の造り酒屋『八百庄』では、田畑政治ら『浜名湾遊泳協会』の面々がオリンピックから戻った内田正練を囲んで報告を受けていた。

 

西洋人はとにかくスピードが違う。彼らは実に器用に首をひねって息をするんだ。

 

内田はクロールを目の当たりにした感想を述べた。

水泳陣のオリンピックでの結果からも、日本泳法が世界では全くつようしない事は明らかだった。

 

ショックを受けた政治は弁天橋から浜名湖へ飛び込んだ。

 

ちきしょう!何がクロールだぁ!

 

そこに美濃部孝蔵が通りかかった。

孝蔵は脱ぎ捨てていた政治の上着から財布を抜き取ると、東京行きの列車に飛び乗った。

 

浅草に戻った孝蔵は、小梅と清さんが営む店へ行った。

小梅と清さんは世帯を持ったのだ。

 

そこへ美川が現れた。

美川は小梅に振られても諦めがつかず、度々店に来ていた。

 

しかし、小梅にいつも怒鳴りつけられ、泣きながら出ていく美川だった。

そして孝蔵の方は『古今亭円菊(ここんていえんぎく)』の名で再出発をするのだった。

 

女学校の教師となった四三

 

四三は第二高女に赴任した。

ここはシマの勤務先でもあったので、四三とシマは同僚となった。

 

四三は放課後に陸上のトレーニングを行うと言って、参加を呼びかけていたが校庭には誰一人現れなかった。

 

そこで四三はシマに相談した。

するとシマは、四三が生徒たちに諸外国のスポーツ選手の写真をみせ、女子体育の重要性を訴えていた事を指摘した。

 

いきなりブルマもチュニックも飛び超え、あんなものを着ろと言ったからです。

 

困った四三は、テニスの指導に来ている永井道明に相談した。

 

自分の一番気に入っている服を着て、香水をつけなさい。

 

四三は言われた通り、自分の一番好きなユニフォーム姿に、香水をたっぷりつけてやり投げをした。

そんなおかしな行動をする四三に驚いた村田富江、梶原、溝口、3人の生徒たちがやってきた。

 

富江が言うには、この学校は『美人がいない学校』と呼ばれているそうだ。

そんな風にけなされているのに、スポーツなどしたら、嫁のもらい手がますます無くなる。と言うのだ。

 

生徒たちやシマが、窓越しに自分たちを見ている。

このまま3人がいなくなれば、自分のメンツが丸つぶれになるので、ここで一度槍を投げて欲しい。と四三は3人に頼んだ。

 

しぶしぶ1度だけという事で引き受け、槍を投げた。

すると、遠巻きに見ている生徒たちから拍手や声援が上がった。

 

その後四三とシマは、東京女子高等師範学校のトクヨを訪ね、第二高女と対抗戦をやりましょう。と持ちかけた。

その提案にトクヨも賛同した。

 

そしてシマは、交際している増野に縁談はなかったことにしてほしいと告げに行った。

なぜなら女子の陸上をオリンピックの正式種目にする挑戦をしたいからだ。

 

すると、増野は結婚も出産もオリンピックも全てやればいいと言った。

 

仕事も走るのも、結婚の為に犠牲にしないでください。もうそんな時代じゃありませんよ。

 

その言葉でシマは結婚を決意した。

仲人は四三とスヤが務める事になり、結婚式当日は四三夫婦とシマ夫婦と共に記念写真を撮った。

 

女子スポーツの教育に力を注ぐことになった四三。

オリンピックで女子スポーツの出場を夢みるシマ。

二人の思いはどうなっていくのか。。。

 

いだてんあらすじ22話(ネタバレ)に続く

大河ドラマ【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで!

2019大河ドラマ【いだてん】キャスト表!

 

スポンサーリンク