2020年大河ドラマ【麒麟がくる】のあらすじ(ネタバレ)です!

 

朝倉・浅井、そして延暦寺との和睦により信長は、絶体絶命の事態を回避する事が出来たのでした…

 

では、第34話のあらすじ(ネタバレ) 予告  いってみよ~!

 

スポンサーリンク
 

【麒麟がくる】34話あらすじ(ネタバレ)  予告

【麒麟がくる】34話あらすじ(ネタバレ)

 

元亀二年、再び織田と朝倉・浅井の戦が始まりました。

今回は、信長が比叡山延暦寺に奇襲をかけます。

 

兵以外の人たちまで斬るよう命じた信長は、容赦なく比叡山を叩き潰したのです。

そして光秀は、今回活躍した褒美に、志賀郡二万石の領地を与えられます。

 

今回の比叡山での残虐な行いが、なぜ行われたのかと義昭は、摂津春門に訴えます。

すると摂津は、義昭の信長に対する態度を改める時期ではないかと返すのでした。

 

今後は、信長との関係を幕府は断ち切る事が必要だと。

義昭はその言葉を重く受け止めたのでした。

 

ある日、光秀の次女・たまが、怪我をします。

比叡山の戦によって恨みを持った者が、光秀の娘と知って、石を投げたのです。

 

東庵の家で手当してもらっていると知った光秀は、東庵宅に急ぎます。

そこで、戦をした自分のせいだと申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

 

すると光秀は、駒から筒井順慶と松永久秀の戦が始まる事を知らされます。

幕府は筒井順慶の後ろ盾になると聞いた光秀は、その戦を何とか止められないかと考えるのです。

 

そして光秀は、筒井順慶に会いに向かいます。

筒井順慶に会った光秀は、どうやら松永次第で、和議に持ち込む事が出来るかもしれないと考えるのでした・・・

 

【麒麟がくる】35話あらすじ(ネタバレ)に続く

【麒麟がくる】信長が命じ明智光秀が実行した比叡山焼き討ちとは?坂本城を築いたきっかけとなった戦い

【麒麟がくる】あらすじ(ネタバレ)最終回までの全話一覧表!

【麒麟がくる】再放送日は?見逃した場合の動画情報!過去の大河ドラマも視聴出来る!

スポンサーリンク