2020年大河ドラマ【麒麟がくる】のあらすじ(ネタバレ)です!

 

朝倉・浅井、そして延暦寺との和睦により信長は、絶体絶命の事態を回避する事が出来たのでした。

しかし、再び信長は比叡山延暦寺を襲撃するのです。。。

 

では、第34話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~!

 

スポンサーリンク
 

【麒麟がくる】34話あらすじ(ネタバレ)

【麒麟がくる】34話あらすじ(ネタバレ)

 

元亀2年、織田信長は、再び比叡山にある延暦寺を攻撃した。

比叡山の麓に兵を集め、一気に襲いかかったのだ。

 

信長は、山に巣食う全ての者を討ち果たせ!と命じたが、光秀は家臣に、おんな子供は逃がすよう伝えた。

 

しかし、信長が命じた通り、武器を持たぬ人々を斬り捨てる兵も多く、比叡山は酷い有り様になった。

 

覚恕は取り逃がしたものの、比叡山を叩き潰した信長は、とても満足し、光秀がおんな子供を斬らずにいた事も許した。

逆に、攻撃についての手柄として、志賀郡一帯の二万石の領地を光秀に与えたのだ。

 

京の二条城では、義昭が比叡山がら逃げてきた難民たちにのために、医者を呼んで手当をさせていた。

比叡山を焼き討ちした信長に対し、義昭は憤りを感じていた。

 

そして、摂津春門に声を荒げながら

僧侶は皆、首を取られた。おんな子供もことごとく斬られた。なにゆえ、この戦を止められなかったのだ!

と強い口調で言い放った。

 

すると摂津は、義昭が信長を恩人扱いしている事で、幕府が信長に何も言えずにいると反論した。

そして、信長との関わりを断ち切るべきだと言った。

 

それを聞いた三淵藤英が、どうやって信長と縁を切るのだ。そんな事が出来るのかと摂津に問う。

 

大和で敵対している筒井順慶と松永久秀が戦を始めたら、幕府は筒井側につき、援軍を送ればよいと摂津は言った。

 

そうなると松永は織田に助けを求めるはず。

信長が松永に味方をする状況になれば、信長もこちらの覚悟が解るだろうという。

 

すると三淵藤英が、そうなったとしても戦に勝つ事が出来るのか?と摂津に詰め寄る。

勝てるよう、手を打つ所存です。と摂津は言った。

 

戦は数です。

要は、大軍を集めればよいのです。

と摂津は得意気に話す。

 

織田が幕府の敵と解れば、近隣の大名が集まりましょう。

誰も田舎大名に頭を下げたくありませんからね。

 

しかし問題なのは、義昭が信長と敵対する覚悟があるのかという事だと摂津は言った。

義昭は、摂津の言葉を重く受け止めていた。

光秀の思い

 

光秀と煕子の間には、嫡男・十吾郎が生まれていた。

京で幸せに暮らしていけると思っていた矢先、比叡山の焼き討ちが行われたのだ。

 

光秀は比叡山焼き討ち後から、度々その恐ろしい光景が悪夢として出てきていた。 

その日、十吾郎の泣き声で悪夢から覚めた光秀は、たまの姿がない事に気づいた。

 

珍しい鳥が売られていると聞いて、伝吾と共に市場へ行ったという。

すると、しばらくしてたまが市場で怪我をしたと聞かされた。

 

たまは石を投げられ、額に怪我をしていた。

どうやら、比叡山焼き討ちで恨みをもつ者が、光秀の娘と解ってやったようだった。

 

たまは、東庵の家で怪我の手当をしてもらっていると聞いた光秀は、東庵宅へ向かった。

たまの傷は浅かったと知った光秀は、とりあえずほっとした。

 

一緒にお供をしていた伝吾が、光秀から叱られないように気を使うたまをみて、悪いのは自分だと光秀は言った。

 

たまがこんな目に合った事も、石を投げてしまった者も、元はと言えば自分が行った戦が原因だ。

悪いのは父だ。

そう言う父に、たまは

父上は悪くありません。

父上はやむを得ず戦をしています。

悪いのは戦だと母上が言っていました。

と言った。

 

それを胸が詰まる思いで聞いていた光秀に、駒が話があると言った。

駒は光秀に、芳人丸を売って欲しいと言った14歳の男の子の話をした。

 

その子は家が貧しく、金が必要でした。

芳人丸を売って得るために、私に八文支払い、そのあと比叡山に向かったところ、戦に巻き込まれて亡くなったそうです。

 

戦に良い戦も悪い戦もありません。

14歳の子が、八文残して死ぬのが戦なのです。

 

決して光秀を攻めるつもりはないと駒は言い、なぜ戦が起きるのかも理解出来ると言った。

更に駒は

しかし私が今、怖いのは、公方様が信長様から離れようとしている事です。」と不安気に光秀に訴えた。

 

そして、幕府が筒井順慶の後ろ盾となり、松永久秀と戦を始めようとしていると光秀に打ち明けた。

 

それを聞いた光秀は、本当の事なら一刻も早く止めなければならない。

早速、京に滞在している筒井順慶に会いに、駒と共に下京にある寺に向かった。

筒井と松永の和議

 

筒井順慶に会った光秀は、早速、松永との戦を本当に始めるのかと問うた。

すると筒井は、戦が始まれば幕府と信長は、筒井に味方すると幕府が言ったという。

 

それを聞いた光秀は、信長は松永を味方だと思っているので、その松永の敵となれば、信長とも敵対する事になると言った。

 

信長と敵対したくはないが、松永を放っておく事も出来ないと筒井は言う。

光秀は、これは松永次第で和議に持ち込む事が出来るかもしれないと思い、今井宗久に頼んで、堺で松永と筒井を会わせる事にした。

 

今井宗久の館で、松永久秀と筒井順慶が対面する事となった。

光秀が間に入ったが、対面してすぐは二人共、敵対した目つきだった。

 

松永は、戦の前には易をたてるという。

占いは当たりますか?戦は勝ちますか?と光秀が聞いた。

 

そして、自分も知りたいという筒井順慶に、松永は

敵を前にして話す事は出来ない

と言った。

しかし、この唐物の茶入を千貫で買うというのなら教えてやってもいいと言う。

 

筒井は、その茶入は千貫の価値のない代物である事を説明した。

すると松永は、光秀を廊下に呼び出した。

 

松永は、

自分にどうして欲しいのか?

と光秀に訴えた。

 

それに対し光秀は、戦を止めて頂きたいと言った。今は全てが変わったという光秀に対し、松永は

何も変わっていない。大和を我が物にしたい」という。

 

大和じゃなければなりませぬか?近江では?

私が信長様から頂いた二万石の領地である志賀をお譲りします。

と言う光秀に、松永は

志賀を?わしに?正気か?

と驚いた。

 

信長が承知しないだろうという松永に、光秀は承知させてみせると言った。

少し落ち着いた松永は、ゆっくりと話し始めた。

 

義昭と信長は、長くは持つまい・・・

と松永は言った。

比叡山をあそこまで焼き尽くす信長に驚いているという。

光秀も同じ気持ちだと言った。

 

しかし信長を尾張からここまで連れてきたのは光秀だ。

光秀と信長は、根が一つだと松永は言い

いずれ公方様と争う日がくる・・・

とつぶやいた。

 

しかし、志賀の領地をくれるという光秀の心意気には恐れ入ったと松永は言い、筒井順慶と話し合う事を了承した。

こうして二人の和議が成立した。

信長と帝

 

光秀は、松永と筒井が和議を結んだことを信長に報告した。

それに、松永は志賀の領地は受け取らなかった事も話した。

 

信長も和議の報告を聞いてほっとしたという。

義昭との対立を避けるため、もしも戦が始まった時は筒井側につき、松永と対立するつもりだったと言った。

 

それを聞いた光秀は、義昭の意向に沿うためなのかと聞いた。

しかし信長は、それは違うという。

義昭の言う事は、的外れだ。それに引き換え、帝の言葉は胸に届く。と言った。

 

帝は、比叡山の戦はやむを得ない事だったと言い、自分は帝から褒められたと信長は笑った。

 

その頃、帝は東庵と碁をうっていた。

関白が言うには、自分が信長を使って、比叡山から覚恕を追い出したという噂が出ているらしい

と、帝が東庵に言った。

 

それにその関白から、信長には近づかない方が良いと言われたという。

しかし、信長以外の誰が比叡山から覚恕を追い払う事が出来ただろう…と、帝は東庵に問うような口調で言った。

 

武田信玄がいる甲斐の国へ逃げ延びた覚恕は、激しく信長を恨んでいた。

信玄は怒り狂う覚助に、信長を討ち滅ぼすと宣言した。

元亀二年、再び織田と朝倉・浅井の戦が始まりました。

信長は、容赦なく比叡山を叩き潰します。

今後は、信長との関係を幕府は断ち切るべきだと摂津が義昭に訴えます。

光秀は、駒から筒井順慶と松永久秀の戦が始まる事を知らされます。

幕府は筒井順慶の後ろ盾になると聞いた光秀は、その戦を何とか止められないかと考え、筒井順慶に会いに向かいます。

筒井順慶に会った光秀は、松永次第で、和議に持ち込む事が出来るかもしれないと考えます。。。

【麒麟がくる】35話あらすじ(ネタバレ)に続く

【麒麟がくる】信長が命じ明智光秀が実行した比叡山焼き討ちとは?坂本城を築いたきっかけとなった戦い

【麒麟がくる】あらすじ(ネタバレ)最終回までの全話一覧表!

【麒麟がくる】再放送日は?見逃した場合の動画情報!過去の大河ドラマも視聴出来る!

スポンサーリンク