2019年大河ドラマ『いだてん』第11話『百年の孤独』放送終了後の感想です!

 

Twitterで面白いなと思ったツイートも交えながら、好き勝手に感想を言いまくります。。。^^;

 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで

 

 

 

スポンサーリンク
 

【いだてん】感想11話!『百年の孤独』

 

【いだてん】感想11話!『百年の孤独』

 

なんか、今回の11話は、感動的な回やった。。。

三島弥彦やるやん!

自殺しようとしていた頃からの変わり様ったら・・・

すごいよ。アンタ。

 

そして、3週間前の手紙で大騒ぎになる三島家・・・

 

 

行く前は、和歌子が一番難儀な存在の様に思ったけど、さすが母!

弥彦がここまで気持ちが変わる事を解ってる!(?)

 

兄はウロウロ・・・

シマはオロオロ・・・

そして、和歌子はどっしり!

って感じやった。

 

プラカードが決まった!

 

そして、今回プラカードは『NIPPON』へ!

頑固な四三君の思いが伝わって、良かった良かった。。。(;_;)

 

 

っちゅーか、安仁子、『ワッハハー』て・・・(-_-;)

字幕で見たら、なんちゅうオバハン・・・いや、💦・・女性なの!って感じやん。

 

まぁ、あんな少ない人数で、そりゃええ感じの写真は撮られへんわな、ふつー。

それになんちゅうか、プラカードもそうやけど、行き当たりばったり的な感じやし。

 

前もってしっかり準備やら予習してる感はゼロ!やしね。

でも、現代までこの2枚しかない画像はしっかり使い回されてるよ!

 

でもさー、弥彦の言葉って当たってるよねー。

短距離走は、日本人には100年早い。って言葉。

 

96年後に、やっと1つだけメダルを取れたんやからねー。

やっぱ、初めてのオリンピックで、三島弥彦は肌で感じた。ってな事なんやろか・・・

 

てか、適当に『日本人には無理無理!100年早ぇーんだよ!』ってな感じで、実際はやけくそに言うてたりして・・

で、それが当たった!的な。^^;

 

てか、それはそうと四三君、押し花て。。。^^;

私でもやらんがな・・・(私でも?)

 

 

気を静める為には押し花か・・・

なかなか思いつかんで。しかし。

 

いつ、なんどき、押し花セット買ったんや?

セットちゃうか。ただ花とノートさえあれば出来るんや。ふむ・・

 

まぁ、その押し花をするきっかけとなったのが、『プレッシャー』という症状が原因やねんね。

てか、史実でも金栗四三は押し花をしていた。ってな事らしいから、このシーンに入れたって事か。。。

 

 

でも、今回のドラマを観て、『そうなんやなー』って感じた。

プレッシャーって言葉を、当時の日本では、ほとんどの人が知らんかったっちゅーなら、『この感情はなんですたい!』って思うんやろなー。

 

確かに・・・

ま、うちらはテレビや本なんかで、よく聞いてるからねー。

普通に『プレッシャーが半端ない!』なんて言うたりしてるし。。。

だから、初めての感情、かつ聞いた事がない。ってなると、そりゃ誰でも押し花するわな!(?)

 

ストックホルムでのロケ。。。

 

しかし、3週間もストックホルムでロケやってたんやー!

 

風景とか、色々必要やもんね。

セットでは無理ってな事か。。。

 

ホテル内ならセットでもええやろけど、まぁ、外を走る訳やし。。。

そう思えば、お金もかけてる!っちゅーに。。

 

播磨屋の金栗足袋となる話は、どうなるんやろ・・・

ピエール瀧さん。。。。ひぇー、ホント恐ろしい

 

播磨屋の金栗足袋とは?黒坂辛作役をピエール瀧が熱演!

 

そう!この記事のタイトルの様に、ピエール瀧さん熱演しとったのにっ!!

あの熱演さは、地でやってたんではなかったのか・・・?

今となっては、色々考えてまうけど。

 

でも、この先がめちゃくちゃ気になる。

どうなるんやろ・・・

 

しかしやっぱり大河ドラマ『いだてん』で、裸っちゅーもんは、どっかで必要なんやね。。^^;

 

 

てか、三島弥彦役の生田斗真さんの脱ぎっぷりにもびっくりしたけど。。。

一応ジャニーズやんな?ジャニーズやんな?と独り言繰り返した。っちゅーに!

 

【いだてん】12話あらすじ(ネタバレ)

【いだてん】再放送日と見逃し動画!過去の大河ドラマを観たい人必見!

2019大河ドラマ【いだてん】キャスト表!

 

スポンサーリンク
 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで