2019年大河ドラマ【いだてん】のあらすじ(ネタバレ)です!

 

オリンピックが中止となり、ひどく落胆した四三でしたが、力強く励ましてくれるスヤによって再び新たな目標を持つ事が出来ました。

そして、治五郎や吉岡らと共に『駅伝』を誕生させます。

この時スタートした駅伝は、現在まで人気名物イベントとなる事を四三らは考えてもいなかったでしょう。

 

では、第18話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~!

 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで

 

 

 

スポンサーリンク
 

【いだてん】18話あらすじ(ネタバレ)孝蔵と四三と小梅と美川

 

【いだてん】18話あらすじ(ネタバレ)

 

孝蔵はドサ回りから東京に戻り、浅草で久しぶりに清さんと顔を合わせた。

すると清さんは、徳重(とくしげ)というヤクザが孝蔵を追っていると言う。

 

清さんも知らぬ間に、小梅は徳重に金で買われて囲われているそうだ。

浮気っぽい小梅は、気に入らない事があるとすぐに他の男と一緒に逃げてしまい、今も逃げているようで、徳重が激怒しているというのだ。

 

それで小梅のやつ、相手の男をかばって、孝ちゃんの名前だしちまったらしいんだよ。

 

相手を孝蔵だという事にしておけば、徳重も旅先までは追いかけないだろうと考えての事だったが、そこへ運悪く孝蔵が帰ってきたというわけだ。

 

結局、清さんが徳重と話をつけてくれるらしく、その間はどっかに隠れて欲しいとの事だった。

 

その頃、小梅は美川と四三の下宿を訪ねていた。

小梅の浮気相手は、美川だったのだ。

 

小梅は四三に事情を話し、ここに美川をかくまって欲しいと言う。

そして、小梅は徳重のところに今から戻って、また隙を見て会いにくる。と言って去って行った。

 

四三は、ひとこと言ってやりたい気もしたが、美川があまりにも調子良く話してくるので、その気持をそがれてしまう。

 

俺ぁ、ほとんど外走ってて、家におらんけん、こん部屋好きに使うてよか!

 

チュニック

 

チュニック

 

シマも通う東京女高師では、二階堂トクヨが女子たちに体育を教えている。

この頃、東京女高師の永井道明のクラスでは、女子たちはブルマを履いて運動をしていた。

 

だがトクヨは、イギリスで知った『チュニック』を播磨屋で仕立てさせ、生徒たちに与えた。

しかし、その姿に永井が激怒し、トクヨの授業に怒鳴り込んできた。

 

授業の中身も、永井は単調な体操を繰り返させる軍隊の訓練のようなもので、トクヨは優雅なダンスを踊らせていた。

 

永井が、それを非難するとトクヨは真っ向から反論する。

英国で学んだものは、いかに永井の教えが女子の身体の特徴を無視したものかと知った!と、トクヨは言い放った。

 

その頃、播磨屋ではスヤがチュニックを着ていた。

 

すごい楽ちん、助かります。これは妊婦にもよかたい。

 

辛作は釈然としなかった。

四三から妊娠の話は聞いてなかったし、それに身重の妻が上京すると分かっていながら、今も出かけている事に驚いていた。

 

じきに帰って来っでしょう

 

金栗氏なら帰ってきませんよ

 

美川が口を挟んできた。

四三はこの夏、東京高師の後輩の秋葉と、下関から東京まで1,200kmを走る計画を立てており、夜遅くまで練習をしているという。

 

スヤの不満

 

スヤの不満

 

更に著書『ランニング』の出版記念公演も行っており、忙しい日々を過ごしていた。

それを聞き、スヤはため込んでいた不満をぶちまけた。

 

四三は、今だに自分たちの結婚を辛作にしか明かしていない。

もうすぐ臨月なので不安でたまらない。

 

あの人はマラソンをする為に、自分と一緒になったのか?

マラソンをやめたら自分とお腹の子は一体どうなってしまうのか?

 

怒るスヤに、美川は帳面の束を見せた。

それは四三の日記だった。美川は勝手に読んでいるので、スヤとの結婚の事も妊娠の事も知っていたと言う。

 

迷ったが、スヤは日記を読み始めた。

そこにはスヤの夢をみた時の事が書かれていた。

 

それは、四三がオリンピックで金メダルを取り、祝勝会が開かれているという夢だ。

スヤがドレスを着て近づく。自分は晴れてスヤを皆に紹介し、祝福を受ける。目が覚めて思う。この夢をいつか叶える。スヤと生まれてくる子のために。。。

 

夜になって四三が家に帰ると、スヤはすでにいなかった。

熊本に帰ったスヤは、無事に男の子を産んだ。

 

四三は、その子に『正明(まさあき)』と名付けた。

 

播磨屋の足袋

 

播磨屋の足袋

 

孝蔵は浅草の飲み屋で清さんと会った。

徳重とは話はつけたが、一年ほど姿をみせなければ、そのあとは大丈夫だ。と清さんは言う。

 

結局、孝蔵はまたドサ回りに逆戻りだ。

そして、清さんは突然、孝蔵を店の外に押し出す。

 

走れ!

 

徳重が店に現れたのだ。

孝蔵が逃げる間、清さんは体を張って徳重を押し留めてくれていた。

 

四三の下宿に野口源三郎が訪ねてきた。

野口と美川、そして秋葉を前に四三は新たなレースの構想を語る。

 

日光から東京まで130km、これを獨協中学徒歩部は10区間に分けて3チーム、高師は5区間に分けて1チーム、そして俺は・・・1人で走る。

 

マラソン対駅伝というわけだ。

その挑戦に挑む為にと、辛作が新しい足袋を持ってきた。

 

その足袋は、底が布ではなくゴムになっていた。

以前、四三がゴムにしてほしいと頼んでいたが、それじゃ、靴になっちまうと言っていた辛作が、折れて作ってくれたのだ。

 

それから四三は改良した足袋で、マラソン対駅伝に挑んだ。

しかし、結果は駅伝チームの勝利に終わった。

 

辛作は、足袋は勝った!と言った。

それは、ゴム底が敗れていなかったからだ。

 

播磨屋の足袋が130kmの道のりに勝った瞬間だった。

それから治五郎のもとに、大正9(1920)年の夏に、8年ぶりにオリンピックを開催するという知らせが届いた。

 

小梅のややこしい状況に巻き込まれた孝蔵。

しかも、その浮気相手が四三の友人の美川だったのだ。

美川をかくまった四三、美川のおかげで逃げる事になった孝蔵、2人は遠からず繋がりをもった状態。

そんな四三は、スヤに不満を持たれながらも、やはりマラソンに夢中だ。

しかし、そのかいあってか、オリンピックが再び開催出来るという知らせが舞い込んでくる。。。

 

【いだてん】19話あらすじ(ネタバレ)に続く

大河ドラマ【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで!

2019大河ドラマ【いだてん】キャスト表!

【いだてん】感想一覧表!1話~最終回まで!

 

スポンサーリンク
 

 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで