2019年大河ドラマ【いだてん】のあらすじ(ネタバレ)です!

 

ストックホルムから帰国した四三は、次のオリンピックに向けて更に練習に励みます。

一方孝蔵は、師匠である円喬から旅に出るように勧められ、小円朝と弟子の万朝と共に旅に出ました。

オリンピックに向けて練習を始めた四三に、縁談の話が舞い込みますが、なんとその相手はスヤのようです・・・

 

では、第15話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~!

 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで

 

 

 

スポンサーリンク
 

【いだてん】15話あらすじ(ネタバレ)スヤとの結婚は遠距離スタート

 

【いだてん】15話あらすじ(ネタバレ)

 

四三は、実次と幾江から、スヤとの見合いの席が設けられた経緯を聞かされた。

スヤの夫の重行は病弱で、前年の夏に亡くなったそうだ。

 

そのため幾江が重行に代わる跡継ぎを探していると言うと、実次が四三を養子に出します。と申し出たのだ。

幾江にはオリンピックの渡航費を出してもらった恩がある。

それに四三が養子に入れば、借りている田畑も四三のものになる。

 

順番のおかしかです!養子縁組ばしてから縁談ならまだしも・・・

 

するとスヤが、この縁談は水に流して欲しいと言って、部屋を出ていった。

幾江は四三を叱り飛ばした。

 

四三さん、あんたのぼせなさんなよ!おるが欲しかとは、スヤじゃ、ああたじゃなか!

 

実は、重行の死後、スヤは実家に戻った。

川で鍋を洗うスヤを偶然見かけた幾江は、スヤと話をしながら確信したという。

 

それは、スヤが四三を好きだという事を・・・

だからスヤをもう一度嫁にもらう為に、四三を養子にしようと決めたのであって、縁談を断るなら養子にはしないと幾江は語った。

 

スヤとの結婚

 

スヤとの結婚

 

家に帰ると、四三は実次から、あさってが祝言だと告げられる。

四三は、ベルリンでの雪辱に懸ける思いを必死で語り、『卒業後は、熊本で教員になる約束は出来ない!』と言った。

 

その言葉を実次は、意外にあっさり受け入れた。

池部家の養子になれば、金の心配はいらないし、思う存分走る事が出来るから、それならなおのこと結婚せぇと言う。

 

翌朝、四三は実家の庭で冷水浴をしながら、海軍兵学校の身体検査に落ちた日の事を思い出した。

スヤは励ましてくれた・・・

 

最後の一杯の冷水を浴びると、四三は心を決めて立ち上がった。

大正2年の春、四三は池部家の養子となり、スヤを嫁にもらった。

 

嬉しか。お母さんに恩返しばせんといかん、池部の家ば、四三さんと2人で・・・

 

言いかけたスヤの言葉を四三が遮る。

 

お、お、俺には4年後がありますけん!

 

雪辱を果たすまでは、何よりもオリンピック優先だと四三は語る。

 

だったら私も、何はさておき、お母さんです。

 

そうして翌日、四三は妻となったスヤを熊本に残して、東京に戻って行った。

 

面白くねぇ

 

面白くねぇ

 

この頃、孝蔵は旅巡業中で、浜松の『勝鬨亭(かちどきてい)』という寄席に滞在していた。

ここは、三度の食事が出て楽屋に泊まる事が出来、芸人たちの間では『困った時の浜松勝鬨亭』と言われている。

 

勝鬨亭には、ちいちゃんと呼ばれる娘が働いており、孝蔵を気に入って何かと気にかけてくれた。

ある日、楽屋でちいちゃんのお酌で酒を飲み、お茶子の政治(まさじ)という少年に自分の高座の感想を尋ねてみた。

 

政治は、近くの造り酒屋『八百庄』の次男坊で、父のお供で小さい頃から寄席に通っているという。

政治は高座について、大したもんだ。稽古もちゃんとしていたんだろうなぁ。といった感想だったので、孝蔵は面白いかどうかについて聞いてみた。

 

すると政治は、『面白くはねぇ・・』とはっきり言われ、孝蔵が怒ると、小円朝が口を挟んできた。

 

当たってるよ

 

じゃあ、てめぇの人情噺はどうなんだい、このハゲ!

 

つかみかかった孝蔵に、小円朝は激怒し、勝鬨亭から追い出した。

 

東京に残る

 

東京に残る

 

東京では、治五郎が、体協の金銭問題の解決ばかり優先する理事たちに苛立っていた。

四三は、そんな治五郎に結婚の報告をするきっかけを掴めずにいた。

 

そうして夏を迎え、四三は館山で強化合宿を行った。

オリンピックでは暑さが最大の敵なので、日中でも帽子を被らず、がむしゃらに走り続けた。

 

孝蔵は、猛暑の中、万朝と2人で旅をしていた。

ある日、浜名湖にかかる弁天橋を渡ろうとしていると、少年たちが水に入り、器用に泳いでいた。

 

その中に政治の姿があった。

孝蔵が、おーい!と叫んだが、政治はひたすら真剣に泳ぎ続けていた。

 

冬になり、四三の東京高師卒業が近づいてきた。

卒業生は通常、全国の中学で教職に就くのだが、四三は教員にならず、オリンピックまでの2年半、マラソンのみに集中しようと決めていた。

 

それに怒ったのは、幾江と永井だった。

幾江は、卒業したら帰ってくると思って養子にしたのに、どういう事だ!と実次に詰め寄ったが、実次は平謝りするしかなかった。

 

永井は、4年間官費の教育を受けておきながら教員にならないのは、けしからん!と言う。

それでも四三は、東京でトレーニングを続ける。と言い張った。

 

そんな四三を応援するのは、治五郎だ。

 

君は、マラソンを極めて、わが国におけるプロフェッショナルのスポーツ選手第一号になりたまえ!

 

その後、騒ぐ幾江をなんとかなだめて、オリンピック制覇するまでの辛抱だと言ってきかせてるという内容の手紙がスヤから届いた。

四三は感謝の思いを返事にした。

 

これを励みに、日々ますます精進する所存。スヤさんもお体、ご自愛ください。

 

最初はスヤとの結婚にどうしていいか解らなかった四三だったが、スヤに励まされていた事を思い出し、スヤとの結婚を決めた。

一方孝蔵は、旅先で自分の高座を『面白くない』と言われ、激怒。

面白くないと言ったのは、後に四三とオリンピック開催に向けて一緒に動く事になる田畑政治だった。。。。

 

【いだてん】16話あらすじ(ネタバレ)に続く

大河ドラマ【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで!

2019大河ドラマ【いだてん】キャスト表!

【いだてん】感想一覧表!1話~最終回まで!

 

スポンサーリンク
 

 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで