2019年大河ドラマ【いだてん】のあらすじ(ネタバレ)です!

 

横道に逸れてしまった四三、世界の力を見せつけられた弥彦、それぞれの体験を胸にスウェーデンを離れます。

そうして四三と弥彦が全力を注いだ、初めてのオリンピックが終わり、日本に戻ってくる事になりました。

そこで待っていたのは・・・?

 

では、第14話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~!

 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで

 

 

 

スポンサーリンク
 

【いだてん】14話あらすじ(ネタバレ)日本に戻った四三

 

【いだてん】14話あらすじ(ネタバレ)に続く 大河ドラマ【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで! 2019大河ドラマ【いだてん】キャスト表! 三島弥彦の一生をいだてんで生田斗真が熱演!運動会の覇王と呼ばれた人物の人生 金栗四三は中村勘九郎!いだてんの意味とマラソン人生を紹介! スポンサーリンク 各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓ 【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで   【いだてん】放送終了後の感想一覧表!【1話~最終回まで】  【いだてん】見逃した!再放送日と過去の大河ドラマをお得に視聴する方法も!

 

大正元(1912)年、秋のある日、孝蔵は谷中の諏訪神社の境内で円喬にネタを聞いてもらっていた。

ベンチに座って語る孝蔵の噺を、円喬は車の上から聞き、唐突に尋ねた。

 

時に美濃部くんは、売れたいのかね

 

売れたくねぇヤツぁいませんよ

 

そんなら旅にでも出てみるかい?

 

その後、寄席に行くと、孝蔵は席亭から事情を聞かされた。

 

小円朝(こえんちょう)師匠は知ってるね。若えモン一人貸してくれって言われたんだよ。

 

つまるところ、お払い箱なんですね?初高座で『富久』やって、しくじったからですか。

 

だが席亭は、偏屈で知られる円喬が孝蔵の事は買っているようだ。と言った。

確かに孝蔵は、神社での稽古中にも円喬から褒められていたのだ。

 

出発する孝蔵と到着する四三

 

出発する孝蔵と到着する四三

 

結局、孝蔵は小円朝と、その弟子の万朝(まんちょう)と、旅に出る事になった。

出発の日は、新橋駅で清さんと小梅が見送ってくれた。

 

円喬は忙しいので、来るはずないと思っていた。

ところが、発車の鐘が鳴り出した頃に、ヨタヨタと円喬がホームを駆けてきた。

 

小円朝さんよぉ!大事な弟子を貸すんだからなぁ!一回り大きくして返してくれよなぁ!

 

円喬は小円朝にそう念を押すと、孝蔵に高級タバコの『敷島』を3箱投げつけた。

 

電車が動き出し、清さんが反対側のホームに目をやると、上り電車から帰国した四三が降りてくるのが見えた。

 

オリンピック前の出発の日はたくさんの見送りがあった。

しかし、戻った日は可児と野口、橋本だけだった。

 

帰国の旅の間に明治天皇が崩御し、年号は大正に変わっていた。

四三が久しぶりに見る東京は、自粛自重のムードが漂っていた。

 

寄宿舎では仲間たちが温かく迎えてくれた。

そして早速、オリンピックの報告会が開かれた。

 

永井の思惑

 

永井の思惑

 

オリンピックの報告会では、一人、四三に厳しい質問をぶつける人物がいた。

それは、永井の弟子で、東京女子高等師範学校で助教授を努める二階堂トクヨだ。

 

※ 東京女子高等師範学校 ・・・ 現在のお茶の水女子大学

 

羽田の予選で世界記録を出しながら本選で棄権し、国民の期待を裏切った原因は何だと思われますか?

 

四三は原因は1つではないと言う。

その四三の答えに対し、敗北から学ばなくては意味がない。日本の体育の為にも何をすべきか考えるのが四三たちの使命だ。と、永井が言った。

 

しかし四三にとっては、4年後のベルリンオリンピックで雪辱を果たす事が重要だった。

 

明日から粉骨砕身してマラソンの技ば磨こうと思っとります!

 

四三の固い決意に拍手が起こったが、永井は憤慨して席を立ち、トクヨも後に続いた。

 

四三は、早速トレーニングを再会し、舗装道路対策を考えた。

そこで四三は、コンクリート張りの井戸の床の上で足踏みする事にした。

 

そして、出だしのスピードをつける為、4~50m間隔で立つ電信柱を利用し、最初の5本分は軽く流し、次の5本は全力疾走という事を繰り返して、速度の変化に体を慣らす事にした。

名付けて『電信柱練習法』だ。

 

永井と嘉納

 

永井と嘉納

 

そんなある日、トクヨがまた寄宿舎を訪ねてきた。

永井と共に、四三と話をする為だ。

 

永井は『学校体操教授要目』という原稿を書き上げていた。

これは、助木とスウェーデン体操を基盤にした、健康で強靭な肉体づくりをまとめたもので、これを持ってトクヨと全国の学校を回る予定だったのだという。

 

ところが、トクヨは英国に3年間留学する事になり、自分の代役として四三の名をあげた。

それは、マラソンの金栗といえば、今や有名人だからだ。という理由だった。

 

嘉納さんのやり方だとダメなんだよ!

 

理想ばかり追い求める治五郎は地に足がついていない。4年後も出るなんて暴挙という他ない!と永井は言った。

 

四三はこの件を可児に報告した。

しかし可児によると、永井の方がよっぽど暴挙だという。

 

思い込みの激しい性格で、小学校では遊具などをハンマーで壊し、代わりに助木を設置して問題になったりしていたという。

しかも永井が書いた『学校体操教授要目』では、マラソンは短距離走とともに、『遊戯』の1つとして軽く触れられているだけだ。

 

武田の思惑

 

武田の思惑

 

大正2(1913)年2月には、弥彦が帰国した。

弥彦は、天狗倶楽部の面々に、銀行員になると告げた。

 

日本のスポーツ界には変化が起き、軍部が『兵式体操』を推奨して競技スポーツを軽視する風潮が強まり、天狗倶楽部が愛する野球は非難の対象となっていた。

 

それを知って怒った弥彦は、スポーツ大国であるアメリカに渡ろうと決めた。

 

兄貴に頼んで、横浜正金銀行のサンフランシスコ支店へ行こう。アメリカが強い理由を見極めてやる。

 

3月にようやく帰国した治五郎は、体協の会合に出席した。

すると、治五郎の席が撤去されており、上座に座った永井から、新任の理事だと言って岸清一(きし せいいち)と武田千代三郎(たけだ ちよさぶろう)を紹介された。

 

あなたの作った借金の返済と体協の財政の立て直しを、弁護士の岸さんが一手に引き受けてくださいました。

 

武田は、副会長に就任したのだという。

治五郎は愕然とするばかりだった。

 

その頃、四三は実家の熊本にいた。

実次から訳も聞かされず、池部家に連れて行かれた。

 

すると、実次が、来年東京高師を卒業したら熊本で教員になるようにと言い出し、その為には所帯を持たないといけない。今から見合いをしてもらう。と言った。

 

唖然としているうちに、見合い相手が四三の前に現れた。

それは、なんとスヤだったのだ。

 

日本に戻った四三と入れ替わるように、孝蔵が旅立った。

そしてオリンピックの報告会では厳しい言葉が出る中、四三の目標は4年後のオリンピックの事で頭がいっぱいだった。

そして、兄の実次から見合いの話が・・・

相手はスヤだった。さぁ、四三はどうする・・・?

 

【いだてん】15話あらすじ(ネタバレ)へ続く

【いだてん】二階堂トクヨ(寺島しのぶ)は日本女子体育大学の創始者!

【いだてん】再放送と見逃し配信情報!過去の大河ドラマを観たい人必見!

2019大河ドラマ【いだてん】キャスト表!

 

スポンサーリンク
 

 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで