2019年大河ドラマ【いだてん】のあらすじ(ネタバレ)です!

 

スヤとの結婚を決め、四三とスヤは夫婦となりました。

しかし四三は、次のオリンピックに向けて練習の事で頭がいっぱいです。

熊本には戻らず、東京で練習に打ち込む事を決め、スヤとの遠距離生活が始まります。

一方、孝蔵は後に四三とオリンピック構想に向けて一緒に動く田畑政治と出会いますが・・・

 

では、第16話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~!

 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで

 

 

 

スポンサーリンク
 

【いだてん】16話あらすじ(ネタバレ)円喬の死とスヤを追い返す四三

 

【いだてん】16話あらすじ(ネタバレ)

 

大正3(1914)年春、マラソン1本で生きると決めた四三は、寄宿舎を出て、播磨屋の2階に下宿する事にした。

辛作は四三に、家賃は払える時だけで構わないと言った。

 

実は播磨屋で、『金栗四三選手愛用のマラソン足袋』を売り出したところ人気商品となり、職人を増やさなくてはならない程、繁盛したのだ。

なので、その礼のつもりもあっての事だった。

 

更に四三は、足袋をさらに改善して欲しいと頼んだ。

コハゼを減らし、くるぶしまでの長さにして欲しいと言った。

 

本来の足袋からまたもや遠ざかるが、辛作は試作品を作る。と約束した。

そして、治五郎の好意で四三は東京高師の研究科に籍を置き、たまに体協に顔を出す以外は練習に打ち込む事になった。

 

勝手に進路を決めたにも関わらず、池部からは仕送りをしてもらえる事にもなった。

この頃、ドサ回りの一座をクビになった孝蔵は、万朝と共に新居町の宿屋にいた。

 

※ 新居町 ・・・ かつて静岡県浜名郡にあった町。現在は湖西市に編入している。

 

やっと食事にありついて、酒も頼んだところで2人共、一文無しと気づいた。

万朝は青くなったが、孝蔵は平然としていた。

 

語りの面白さ

 

語りの面白さ

 

翌日、夜が明けきらないうちに、万朝はこっそり宿を出た。

残った孝蔵は、朝食を済ませてから、金がない事を女中に話した。

 

東京に戻れば仕事があるから、後で金を送る、ダメなら下男として使って欲しいと頼んだが、結局警察に捕まり、浜松の留置場に入れられた。

 

そこにあった古新聞を見て、孝蔵は驚いた。

橘家円喬 享年47』と、黒い縁取りで書かれてあった。

 

この世でたった一人、自分を認めてくれた人を失って、孝蔵は心臓がえぐられるような思いがした。

 

浜松では、孝蔵が捕まったと知ったちいちゃんが、八百庄に駆け込んでいた。

政治の兄の庄吉(しょうきち)に、孝蔵の身柄引受人になって欲しいと頼む為だ。

 

しかし、政治がひどい下痢と腹痛を起こして寝込んでいて、それどころではないと言われた。

医師は、政治は慢性盲腸炎と大腸カタルを併発している。と告げ、庄吉と母のうらに、『泳ぎは止めさせなくてはダメだ』と言った。

 

留置場の孝蔵は、牢名主(ろうなぬし)にバナナを恵んでもらった礼に円喬の十八番だった『文七元結(ぶんしちもっとい)』を語って聞かせたが、サゲまで聞かず、寝てしまった。

 

※ サゲ ・・・ 落語の結末。いわゆるオチ。

 

そこで孝蔵は牢名主を起こし、むりやり感想を聞いてみたが、『面白くない。』の一言だった。

 

くそ!何がいけないんだ!

 

ボソボソ喋って、てんでつまらねぇ。面白え話は面白そうに・・・

 

そういう臭え事はやりたくねえ!

 

臭いかどうかは、客が決めると言われて、孝蔵はもう一度『文七元結』を語り直した。

臭くてもいい・・そう決めると、だんだん乗ってきて、いつしか円喬を思い浮かべながら喋っていた。

 

孝蔵が踏み倒した宿賃は、小円朝が立て替えてくれた。

釈放された孝蔵は、長かった髪を丸坊主にして、小円朝に頭を下げた。

 

ご恩は決して忘れません。師匠、今日からまたお世話になります。

 

これ以来、孝蔵の落語は生き生きとしたものに変わった。

 

世界情勢

 

世界情勢

 

この年の秋、四三はスヤと幾江に手紙を書き、世界新記録を出した事を知らせた。

日本陸上競技大会で2時間19分30秒という驚異的な速さで優勝したのだ。

 

大正4(1915)年春、英国留学を終えたトクヨが東京高師を訪れ、体協の理事たちが揃った会議の籍で帰国を報告した。

この日、治五郎や永井、岸たちでオリンピック予算の詳細について揉めていた。

 

そして、オリンピックに選手を派遣するかどうかについて、トクヨに意見が求められた。

 

先生方は、現在の世界情勢をご存知ないのでしょうか

 

世界情勢というと、数年前のサラエボ事件をきっかけに、現在、第一次世界大戦と呼ばれる戦乱の真っ只中にあった。

そんな戦火の中をくぐり抜けて帰国したトクヨは、欧州はオリンピックなど出来る状況ではないと断言した。

 

日本はドイツに宣戦布告しており、オリンピックに参加するとなれば、選手は敵国に赴く事になる。

しかし、治五郎はオリンピックは平和の祭典であり、スタジアムは聖域で、政治とスポーツは関係ないと言った。

 

今回は、東京高師徒歩部の四三の後輩たちもオリンピックを目指している。

水泳やテニスも有望な選手がいるのだ。

 

国家だろうが、戦争だろうが、若者の夢を奪う権利はない!

 

嫁を追い返す

 

嫁を追い返す

 

この日、四三が練習を終えて帰宅すると、なんとスヤが待っていた。

幾江に勧められて四三に会いに来たのだ。

 

四三は、スヤが持ってきた熊本名物『いきなり団子』を喜んで食べていたかと思うと、突然、熊本に帰って欲しいと言った。

 

帰って。郷里も妻も忘れて祖国んために走ろうて思っとるけん。だけん、俺の気ぃば散らさんといて。

 

スヤが茫然としているうちに、四三はまた走りに出かけた。

その後すぐに熊本へ帰ったスヤを連れて、幾江は金栗家に行き、実次に怒りをぶつけた。

 

嫁ば泊めんで追い返すとは何事か!なんかっアンタん弟は!何様のつもりか!

 

そうまでして練習に励んだ四三だったが、この年の6月、ベルリンオリンピックの中止が決定した。

 

足袋の開発に協力的な播磨屋の2階で生活する事になった四三。

その頃孝蔵は、金も無いのに宿に泊まり、捕まってしまった。

牢の中で孝蔵は、尊敬する師匠の円喬が死んだと知り、愕然としてしまう。

そして円喬の得意だった『文七元結』を牢名主に聞かせたが、『面白くねぇ』と言われた事がきっかけで、心を入れ替える気持ちになる孝蔵だった。

そして四三の方は、せっかく東京に来たスヤを追い出してしまったが・・・


【いだてん】17話あらすじ(ネタバレ)
に続く

大河ドラマ【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで!

2019大河ドラマ【いだてん】キャスト表!

 

スポンサーリンク

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで