2019年大河ドラマ【いだてん】のあらすじ(ネタバレ)です!

 

初めてのオリンピック出場でしたが、途中、道を間違って横道に入ってしまった四三。

思わぬ暑さや硬い石畳など、四三にとっては予想もしない結果となってしまいました。

そして、気づけばホテルに戻っていました。

さて、四三はどうやってホテルに戻ったのでしょうか・・・

 

では、第13話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~!

 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで

 

 

 

スポンサーリンク
 

【いだてん】13話あらすじ(ネタバレ)オリンピックと高座!

 

【いだてん】13話あらすじ(ネタバレ)

 

レース中の記憶がない四三は、ダニエルと一緒にマラソンコースを歩いてみた。

すると、ラザロとのデッドヒートの記憶が蘇ってきた。

 

・・・思い出してきた

 

2つに別れた道を左に進んだ四三は、森の中をさまよい歩いていた。

その先には白い家屋があり、そこで暮らすペトレ家の人々が庭でお茶会を開いていた。

 

四三に続いて5、6人のランナーもコースを間違えて迷い込んで来たため、ペトレ家の婦人は、こちらではないと伝えた。

しかし、四三だけは木陰にしゃがみこんでしまった。

 

ペトレ家の人々は、四三にレモネードとシナモンロールを与え、家の中で休むように伝えたが、四三は断りその場でしゃがんだままになった。

その後、内田とダニエルに見つけられて、四三はようやく自分の状況を理解した。

 

どうする?スタジアムに戻るかね?

 

嘉納先生に合わせる顔、なかですけん。

 

そして四三は、ダニエルたちに連れられて、ホテルに戻ったのだ。

 

すっかり思い出した。この口惜しさ、忘れんばい。

 

道の分かれ道に立って、四三はつぶやいた。

 

ラザロ選手

 

ラザロ選手

 

敗北の翌朝、弥彦が新聞を持って四三のもとへやってきた。

 

君、たしか足袋をプレゼントした選手がいたと言ったね。

 

ええ、ポルトガルの・・・ラザロ選手

 

亡くなったそうだよ。

 

死因は日射病による髄膜炎だという。

取材の際に、『勝つか死ぬかどちらかだ』と答えていたラザロの姿が浮かんだ。

 

大森は監督としての役目を果たせず、四三と弥彦にストレスを与えてしまったと自分を責めていた。

しかし、そんな大森を治五郎が叱り飛ばした。

 

立派な監督だったし、素晴らしい遺産を残したのだ。と・・・

こういう繊細な仕事がスポーツの未来を作るんだよ。君はベストを尽くした、胸を張りたまえと言った。

 

マラソン競技の結果は日本の新聞でも報じられた。

播磨屋では辛作が、四三から送られてきた開会式の写真を飾ろうとしていた。

 

そこへ清さんが訪ねてきた。

この日、初高座に上がる孝蔵のために、着物と足袋をあつらえて欲しいと辛作に頼んでいたのだ。

 

屋台で牛めしを食べている孝蔵を見つけた清さんは、新しい着物と足袋を渡した。

 

せめて、なりぐれぇは、ビシっとしてもらいてえからよ。

 

ありがてぇ、持つべきものは友だな。

 

孝蔵の晴れ姿を見ようと、清さんが寄席に行くと、小梅と美川も来ていた。

そしてついに孝蔵が高座に上がってきた。

 

途中で高座を下りる

 

途中で高座を下りる

 

しかし、高座に上がった孝蔵の姿に清さんは驚いた。

屋台にいた時と同じ、ヨレヨレの着物姿だったのだ。

 

ヨレヨレの着物姿の孝蔵は、赤ら顔で、ろれつも怪しい状態。

さては・・・あの着物を質に出して、それで酒を飲んだな。

 

富久』を語り始めると、孝蔵は黙ってしまった。

覚えていたはずの噺が頭から飛んでしまったのだ。

 

その時、円喬に言われた言葉が頭をよぎった。

耳で覚えてもダメよ。噺はね、脚で覚えるんだ。

 

そして孝蔵は、車を引き、走りながら稽古していた時の気分になり、調子が出てきた。

そのまま語り続けるうちに火事が起きた日本橋の屋敷に久藏が駆けつける場面となった。

 

広がっている火に向かってダ、ダ、ダ、パ、パ、パと蹄の音!

 

走る真似をしどおしの孝蔵は息が切れて、その場に倒れ込んでしまった。

そして、苦しそうに顔をあげた孝蔵はこう言ったのだ。

 

すいません。頭痛いんで、今日はここまでで・・・

 

噺の途中で高座を下りたので、孝蔵は席亭から大目玉を食らってしまった。

 

※ 席亭 ・・・ 寄席の経営者

 

しかし、円喬からは小言の1つもなかったのだった。

やはり自分は弟子だと思われていないのかと孝蔵は落胆してしまう。

 

スウェーデンに別れを告げる

スウェーデンに別れを告げる

四三は改めてマラソンコースを走り直してみた。

するとラザロが倒れた場所に写真や肖像が飾られており、花がたむけられていた。

 

四三も花を摘んで供え、ラザロの為に手を合わせた。

この日はIOCの総会が開かれていた。

 

治五郎は、死者が出たとあっては4年後のオリンピック開催は危ういと考えていた。

少なくとも、マラソンには廃止の声が上がるだろうというのが治五郎の予想だった。

 

クーベルタンに続いて、ポルトガルの選手団代表も挨拶をした。

ラザロの功績を讃えたあと、彼が忘れ去られないよう4年後もオリンピックを開催し、マラソン競技を行って欲しいとポルトガル代表は訴えた。

 

大きな拍手が起こった。

これを受けてクーベルタンは、4年後の1916年もベルリンでオリンピックを開催すると宣言した。

 

四三と弥彦、治五郎は閉会式を待たずにストックホルムを去る事になった。

大森は治療の為にここに残るという。

 

四三は世話になったダニエルに礼を言って船に乗り込んだ。

こうして48日に渡るスウェーデン滞在は終わりを告げた。

 

暑さの中、意識もうろう状態の四三だったが、終わってから落ち着いてコースを辿ると、蘇る記憶。

そして、ラザロの死を聞かされた四三。

一方、孝蔵も緊張したのか?いい加減なのか?酒が原因で高座を下りる始末。

そんな2人の今後は・・・?

 

【いだてん】15話あらすじ(ネタバレ)に続く

2019大河ドラマ【いだてん】キャスト表!

【いだてん】感想一覧表!1話~最終回まで!

 

スポンサーリンク
 

 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで