2019年大河ドラマ【いだてん】のあらすじ(ネタバレ)です!

実次や皆のはからいで、オリンピックへの渡航費を工面出来た四三は、いざストックホルムへ旅立ちます。

しかし列車には、嘉納治五郎の姿はありません。

そして、同行している大森監督の具合も思わしくない状態の様です。。。

 

では、第9話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~!

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで

 

 

 

スポンサーリンク
 

【いだてん】9話あらすじ(ネタバレ)いざストックホルムへ!

 

【いだてん】9話あらすじ(ネタバレ)

 

四三と弥彦はストックホルムに向けて出発した。

治五郎が列車に乗っていないと知った四三は動揺し、大森に理由を尋ねる。

 

どうやら文部省との間に行き違いがあり、手続きが完了していないと分かって治五郎は新橋駅で足止めされたのだ。

 

2日かけてウラジオストクに着き、シベリア鉄道に乗る頃になっても治五郎は来ず、四三は落胆した。

 

シベリア鉄道の旅が始まると大森が、倹約のために食堂車を使わず自炊すると言い出した。

 

しかしこの日の夕食に、大森が食堂車で飲もうと誘ってきたドイツ人乗客の誘いに乗ってしまったのだ。

メニューの値段を見て4人は驚くが、大森はドイツ人の飲食代までおごってしまった。

 

車屋なのか弟子なのか

 

その頃、治五郎はまだ日本におり、連日文部省の窓口で係員に詰め寄っていた。

そこで治五郎が怒りを爆発させている頃、孝蔵はいつものように車を引き、円喬を乗せ寄席まで送っていた。

 

弟子だか車屋だか解らない関係が、もう半年続いている。

その日、円喬は初めて孝蔵にわずかな給金を渡した。

 

そして孝蔵を楽屋口まで連れていき、高座名を与えた。

 

今日からお前さん三遊亭朝太(さんゆうてい ちょうた)だよ。私ん家知ってるかい。明日っから来な、車はいいからね。手ぶらで来な。

 

孝蔵は喜びを噛み締めながら清さんに車を返しに行った。

 

大森監督

 

出発から10日が過ぎた5月26日、旅の疲れもあって大森への不満を募らせた四三は日記に怒りを綴っていた。

大森の英語交じりの話し方や西洋風のふるまいが、四三には不愉快だった。

 

弥彦は、度々咳をする大森を、モスクワに着いたら医師に診せた方がいいのではないか。と四三に言った。

そんな弥彦の不安は的中していた。

 

実は大森は、監督を任せたいと打診を受けたあとに治五郎を訪ね、肺を患っている事を打ち明けていたのだ。

 

安仁子は、夫の病状は良くなく、この機を逃せばオリンピックを見る事は叶わないだろうと治五郎に語っていた。

 

そして治五郎は大森に監督を任せ、安仁子を同行させる事を決めたのだった。

 

体調悪化

 

5月28日、大森の体調は回復せず、安仁子は自炊の中止を申し出た。

 

監督もこんな状態、治五郎もいない、これで自分達は無事オリンピックに出場出来るのか、四三は不安になった。

 

そんな四三を弥彦は明るく励ました。

そして、東京を発って17日目の6月2日、船はストックホルム港に到着。

 

ホテルに着いたのは夜の8時過ぎだったが、白夜で昼間のように明るかった。

四三はすぐに足袋を履き、弥彦とともにオリンピックスタジアムへ向かったのだった。

 

【いだてん】大森兵蔵と妻のアニーの美しき生涯と国際結婚

 

ストックホルムに向けて旅立った四三だったが、治五郎がいない事が気がかりだった。

一緒に同行した大森監督は体調が思わしくない。

こんな状態の中、四三達はオリンピックで良い成績を残せるのか?・・・

 

【いだてん】10話あらすじ(ネタバレ)に続く

【いだてん】再放送日と見逃し動画!過去の大河ドラマを観たい人必見!

2019大河ドラマ【いだてん】キャスト表!

 

スポンサーリンク
 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで