2019年大河ドラマ【いだてん】のあらすじ(ネタバレ)です!

オリンピックに出場する決意をした四三の前に新たな問題が・・・

それは渡航費でした。

その金額は、実に1,800円!

実次がそのお金を四三に差し出しましたが、一体どこから工面したのでしょうか・・・

 

では、第8話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~!

 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで

 

 

 

スポンサーリンク
 

【いだてん】8話あらすじ(ネタバレ)渡航費はどこから?!

 

【いだてん】8話あらすじ(ネタバレ)

 

四三は、実次にどうやって金を工面したのか尋ねた。

実次は、スヤとともに池部家を訪れ、スヤの婚約者の重行(しげゆき)に事情を話したという。

 

そこへ、重行の母・幾江(いくえ)が現れた。

幾江は、大事な田畑を手放しても構わないという実次の気持ちが解らなかった。

 

どぎゃんしても、行かにゃいかんとですか、それは

 

行かしてやりたかです!

 

四三にどうしても十里を走った者だけにしか見れない景色を見せてやりたい。と語る実次に幾江は意外な提案をした。

 

それは、金栗家の田畑を1,800円で池部家が買い、それをただで金栗家に貸すというのだ。

そうすれば、金栗家はこれまでどおりの生活をしながら1,800円を手にする事が出来る。

 

驚きながら頭を下げる実次に幾江は言った。

 

ああたを信用した訳じゃなか。スヤさんばい。こん人の頼みとあらば、力にならにゃいかん。

 

実次、熊本に戻る

 

実次、熊本に戻る

 

池部家の他にも、春野医師や玉名中学校の校長も四三への餞別を実次に託していた。

それを聞いた四三は涙を浮かべ、実次から金を受け取ろうとした。

 

そこへ野口、橋本、徳三宝、福田源蔵らが割って入る。

彼らは四三の後援会を作り、1,500円もの金を集めたというのだ。

 

福田は実次に、雑費として300円だけ寄付をして、残りは納めて欲しいと提案し、実次もそれを受け入れた。

 

無事に遠征費の問題が解決して、寄宿舎の面々から拍手喝采が起こり、四三は胸を熱くした。

 

翌日、四三と美川は実次を浅草へと案内した。

凌雲閣の展望台から東京の景色を見下ろし、四三は不安な思いを口にした。

 

兄上・・・俺ぁ、生きて帰れるとだろか?

 

今さら弱音ば吐くな!四三!お前がそぎゃん弱虫やったら100年後の韋駄天も弱虫ばい!

 

凌雲閣から出ると、客引きをしていた小梅が実次に声をかけてくる。

だが小梅は、美川が一緒だと気づいて、人混みの中に消えた。

 

そして美川は慌てて小梅の後を追って行ったのだ。

美川がいなくなり、2人は浅草の停車場に着いた。

 

すると実次は、ここまででいい。と言って市電に乗り込んだ。

 

皆の思い

 

皆の思い

 

四三のストックホルム行きを前に、辛作は改良版の足袋を5足作ってくれていた。

 

つま先とかかとだけ3枚重ねにしたよ。これなら軽いだろ。

 

そして辛作は、更にユニフォームまで用意してくれていた。

いつもぶっきらぼうな辛作の優しさに触れ、四三は喜びを噛み締めた。

 

出発を2日後に控え、寄宿舎では四三の壮行会が開かれ、治五郎も出席した。

 

この度の金栗くんの遠征には、諸君らの多大なる後押しがあったと聞く。その友情に惜しみない拍手をおくりたい。

 

そう言って治五郎は、生徒たちに礼を述べた。

四三は、壮行会の締めくくりに挨拶をしていたが、誰かが『歌え!』と四三をからかうと、笑いが起きた。

 

音痴な四三は、それでも一曲歌うと言い出した。

 

音痴ば克服せんと、ある人の教えてくれた歌です!気分がよかけん、歌います。

 

四三はスヤが教えてくれた『自転車節』を歌いだした。

この日は、スヤの嫁入りの日だった・・・・

 

ストックホルムへ出発

 

ストックホルムへ出発

 

明治45年5月16日、四三は見送りの大行列を率いて徒歩で新橋駅に向かった。

大森兵蔵監督と、安仁子夫人、治五郎も到着した。

 

最後に弥彦が、三島家の高級車に乗って現れ、女性たちの黄色い声援で迎えられた。

駅のホームにも人々が詰めかけていた。

 

その人波をかき分けてシマがやってくる。

弥彦が驚いて窓から顔を出して見ていると、弥太郎と和歌子も来ていた。

 

和歌子は窓越しに、弥彦に風呂敷包みを渡した。

中には和歌子が自ら日章旗を縫い付けた純白のユニフォームが入っていた。

 

その後、四三と弥彦は、車内で記者たちから取材を受けた。

取材後、四三は車内に野口と橋本、可児が乗っている事に気づいた。

 

野口たちは、人が多すぎて新橋ではきちんと見送れなかったので、思わず乗り込んだという。

喜ぶ四三だったが、不意に治五郎の姿が見えない事に気づく。

 

嘉納先生は、どこに乗っておられますか?

 

乗ってないよ。

 

可児の言葉に四三は仰天した。

 

池部家の助けや仲間の助けもあり、なんとかオリンピックの渡航費は工面する事が出来た四三でした。

そうして、一行はストックホルムへ向かいます。

意気揚々と列車に乗った四三でしたが、治五郎がいない事に気づきます。

さて、嘉納治五郎はストックホルムへ無事やって来れるのでしょうか?。。。

 

【いだてん】9話あらすじ(ネタバレ)に続く

【いだてん】再放送日と見逃し動画!過去の大河ドラマを観たい人必見!

2019大河ドラマ【いだてん】キャスト表!

【いだてん】池部幾江(大竹しのぶ)とスヤの夫・重行は実在したの?

スポンサーリンク
 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで