2019年大河ドラマ【いだてん】のあらすじ(ネタバレ)です!

オリンピックに向けて走り出した四三でしたが、オリンピックの渡航費問題で悩んでしまいます。

オリンピック渡航費は、なんと自腹!

さて、四三はそのオリンピック渡航費を、一体どうするのでしょうか。。。

 

では、第7話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~!

 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで

 

 

 

スポンサーリンク
 

【いだてん】7話あらすじ(ネタバレ)

 

【いだてん】7話あらすじ(ネタバレ)

 

四三の説得に成功した治五郎だったが、弥彦にもオリンピック出場を了承させようと、東京高師に招いて話をした。

 

その話の中には、弥彦の闘争心を煽ろうと、予選会での弥彦の優勝に異議を申し立てる声があるといった事も語っていた。

 

記録とて実に怪しい

まぐれじゃないのか

 

そういった抗議文があった事も告げた。

それを聞いた弥彦の表情に、治五郎は確かな手応えを感じていたのだった。

 

そこから弥彦は、酒とタバコを止め、日本に伝わったばかりのクラウチングスタートの練習に励み出した。

 

※ クラウチングスタート ・・・ 陸上の短距離種目で、手を地面につけた姿勢でスタートするスタイル。

 

その頃四三は、郷里に送った手紙に対し、返事が来ない事に気をもんでいた。

ストックホルムに発つまで3ヶ月を切っているが、費用のめどは立っていない。

 

そこで四三は学校を休学し、借金をしてオリンピックに行くと決意する。

すると、四三のもとに実次からやっと手紙が届いていた。

 

その手紙には、田畑を売ってでも金を工面する。と書かれていた。

 

三島邸

 

三島邸

 

そうして明治45年2月、四三と弥彦は東京高師の校長室でオリンピックのエントリーシートに署名をし、正式に日本代表選手となった。

 

ストックホルムへは、シベリア鉄道で2週間かけて向かい、治五郎の他に1人か2人の同行者がつくという。

 

出発前に、安仁子から英会話と西洋式の礼儀作法、食事のマナーのレッスンを受けるようにと治五郎が言うと、弥彦は自分の家でレッスンを行ってはどうかと提案した。

 

三島家ならばコックも給仕もおり、申し分ないということで、治五郎はこの申し出を喜んで受けた。

 

三島邸は、人気小説の『不如帰(ほととぎす)』のモデルと言われる名家で、広大な敷地に豪邸を構えている。

客間には、四三と弥彦、可児、講師役の安仁子の他に、弥彦の母・和歌子と兄・弥太郎もそろっていた。

 

日露戦争の悲劇の将軍・乃木希典江(のぎ まれすけ)大将もいた。

三島家は、政財界の要人たちが集うサロンだったのだ。

 

オリンピックの渡航費

 

オリンピックの渡航費

 

実次は、オリンピック行きの費用を用意すると四三に知らせたものの、1,800円もの大金をどうしたものか頭を悩ませていた。

 

そこで春野医師に頼み込んだ。

 

春野さん、こん魔除けの刀ば買うてください。

 

それは亡き父・信彦が大切にしていたものだった。

しぶる父にスヤが、『自分が嫁ぐ予定の池部家に相談してはどうか』と提案する。

 

池部家は玉名の庄屋で、資産家として知られている。

そうして実次を連れて、スヤは池部家を訪ねた。

 

その後も安仁子の厳しいレッスンは続いていたが、兄・実次からの金は届かず、塞いでいた。

 

そもそも、いつ、なぜ自腹を切る事になったのかね?

 

そう聞く美川に、四三はわけを話した。

 

まんまと口車に乗せられてるよ。校長に1,800円出してくれんと走らん。と直談判すべきだ。

 

そう言われ、決死の覚悟で校長室のドアの前に立った四三は、治五郎と可児が借金の話をしているのが聞こえた。

その額は10万円にもなると知り、四三は驚愕する。

 

おう、韋駄天!なんだ?今日は?

 

・・・あ、いやその・・本当にオリンピックに行くのでしょうか?実感が湧かないというか・・

 

いざとなると、そんな事しか言えない四三を、治五郎は浅草に連れ出した。

 

1,800円

 

1,800円

 

歩きながら治五郎は、自分の背広に刺繍された『』の文字を見せた。

 

29歳の時、治五郎が初めて欧米視察に出向く際に、勝海舟がはなむけにと背広を譲ってくれたのだという。

驚く四三を連れて、治五郎は質屋に入った。

 

そして、勝に送られた背広を金に換えた。

 

勝海舟の刺繍入りだ。値打ちが下がらん。

 

治五郎は四三に金を渡し、洋行用の服を仕立てるように。と告げる。

四三は、感激して礼を言い、そのまま三越呉服店へフロックコート、背広、外套を仕立てに行った。

 

結局、渡航費の事は切り出せなかった。

2週間後、服が一式仕上がると、弥彦が写真を撮ってくれた。

 

弥彦は、家族にオリンピック出場を祝福されている四三が羨ましいと言った。

 

うちはダメだね。母は兄にしか関心がないし、兄は金にしか関心がない。

 

・・・・ばってん、我が子に関心のなか親がおるでしょうかね。

 

まぁ、期待に応えんでいいから気楽だがね。

 

治五郎は可児に、四三と弥彦の同行は、大森夫妻に任せると告げた。

可児と永井は、ひそかに自分たちのどちらかが同行者に選ばれると期待していたため落胆する。

 

そんな中、四三は金の問題が解決しないことに追い詰められ、オリンピック予選会の優勝カップを金に換えようと決断していた。

 

そしてカップを手に寄宿舎を出た四三は、実次と出くわした。

そして実次は、大きな風呂敷包みを見せて笑った。

 

金1,800円、持ってきたばい!

 

やっとオリンピック出場を決意した四三に、新たな問題となったのは渡航費でした。

そこへ実次が1800円を持って、四三の前に姿を現しました。

その金は資産家の池部からのようですが・・・さて、その条件とは?

 

【いだてん】8話あらすじ(ネタバレ)に続く

2019大河ドラマ【いだてん】キャスト表!

【いだてん】感想一覧表!1話~最終回まで!

 

スポンサーリンク
 

 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで