2019年大河ドラマ【いだてん】のあらすじ(ネタバレ)です!

 

IOCオスロ総会では、辞退したはずのローマが候補に入っていて、焦った杉村でしたが、治五郎のおかげでなんとかラ・トゥールを接待する事で話は決着しそうです・・・

 

では、第34のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~!

 

スポンサーリンク
 

【いだてん】34話あらすじ(ネタバレ)ラ・トゥールが訪日!

 

【いだてん】34話あらすじ(ネタバレ)ラ・トゥールが訪日!

 

昭和11年2月26日に『二・二六事件』が勃発した。

陸軍の青年将校らが赤坂の高橋是清邸を襲撃し、高橋是清は中橋中尉の弾に倒れたのだ。

 

田畑ら朝日新聞政治部の記者は、号外を刷る準備に取りかかろうとしていた。

しかし内務省から記事を差し止める連絡が入った。

 

内務省・・・警察・地方行政などを管轄した中央官庁。1873年に設置され、1947年に廃止された。

 

すると十数人の兵を率いて将校たちが、朝日新聞社になだれ込んできた。

そこには返り血を浴びた中橋中尉がいた。

 

国賊新聞を叩き壊すのだ!

 

銃剣をふりかざし兵士たちが部屋を荒らし始め、ロサンゼルスオリンピックの記念写真も叩きつけられた。

緒方に命じられ、田畑らは外に出た。

 

翌27日には戒厳令が敷かれ、反乱軍が投降する29日までの3日間、東京は厳戒態勢が続いた。

 

戒厳令・・・戦争・災害・暴動などの非常時に軍隊に統治権を委ねる命令。

 

こんな時こそオリンピックを

 

そんな中、ラ・トゥールがサンフランシスコを出港し、2週間後に横浜に着く予定となった。

 

嘉納さんは何と?

 

田畑は山本に聞いていた。

 

こんな時だからこそオリンピックをと。

 

山本が去ったあと、田畑は悩んでいた。

自分が関わった政治家が次々と殺され、こんな時だから・・・がどんどん悲惨な状態になっているのをどうすればいいか、田畑は菊枝に問うた。

 

だったら、記者かオリンピック、どちらかやめたらどうです?

 

そうなると田畑の忙しさは半分になるし、夫婦の時間も増えると菊枝は言った。

 

冗談じゃない!オリンピックは今しかない!

 

菊枝に言われ、思い直した田畑はオリンピック招致委員会が開かれる東京市庁舎へ向かった。

市庁舎には、治五郎、牛塚、副島、山本がすでに揃っていた。

 

治五郎はラ・トゥールが東京へ視察に来ることに興奮している。

治五郎のオリンピックへの思いを感じ取った田畑は、覚悟を決め、ラ・トゥールを迎える作戦会議を始めた。

 

ラ・トゥール到着

 

3月19日東京市庁舎にラ・トゥールが到着した。

そしてラ・トゥールを乗せた車は、隅田川沿いを新橋へ向かい、歌舞伎鑑賞と料亭での会食ののち、神宮球技場へと向かった。

 

治五郎はラ・トゥールに、関東大震災の時、競技場が避難所として市民に開放されていた事を語った。

その後、明治神宮を参拝し、岸の墓参りをした。

 

それからYMCAプールで水泳選手を激励し、寄席で孝蔵の落語を聞いた。

ラ・トゥールの視察の様子が新聞に載る頃、家出を断念した四三は、治五郎からの手紙を幾江とスヤに見せていた。

 

そぎゃん行きたかなら言ったらよか。そん代わり、立派に成し遂げてこい、国ば挙げてのお祭りだけん。

 

幾江にそう言われた四三が言った。

 

よかった・・・四年後の大会ば見届けたら帰ります。俺なんか、おらんでも寂しくなかでしょうが・・

 

寂しくなかこつあるわけなかろが!働かん、走ってばっかりの息子でん、四年もおらんかったら寂しか、それが親じゃ!こんアホが!

 

すみまっせん、お母さん!今度行ったらそれが最後、もう行かん

 

幾江の思いがけない言葉に感激した四三だった。

 

治五郎は、ラ・トゥールを講道館に連れて行き、柔道の稽古をつけた。

そして、杉村に通訳をさせ、東京招致の為にムッソリーニを説得せよと命じたのは自分なのだと謝った。

 

もし東京でオリンピックをやってくれたら、あなたの株を下げるような事は絶対にやらん!最高のアジア初の祭典にしてみせる

 

その後、清さんの車でうなぎ屋へ向かったラ・トゥールの目に、遊んでいる子供達が写った。

女の子が花輪を編み、勝った子供の頭に乗せるのを見て、ラ・トゥールは驚いた。

 

そして9日間の滞在を終えたあと、ラ・トゥールは記者会見でこう言った。

 

この国では、子供でさえもオリンピックを知っている。戒厳令の町で、子供たちがスポーツに熱中している。オリンピック精神が満ちている事を、この夏のベルリン総会で力説する所存である。

 

二・二六事件が起き、日本が混乱する中、オリンピック招致を続ける事を決めた田畑らは、治五郎を中心にラ・トゥールの接待を行った。

ラ・トゥールは日本の接待も含め、子供たちまでもがオリンピック精神が伝わっている事を知り、感動したようだった。

この接待は大成功に終わった。

【いだてん】35話あらすじ(ネタバレ)に続く

大河ドラマ【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで!

【いだてん】再放送と見逃し配信情報!過去の大河ドラマもお得に視聴する方法!

2019大河ドラマ【いだてん】キャスト表!

スポンサーリンク
 

【いだてん】放送終了後の感想一覧表!【1話~最終回まで】