2019年大河ドラマ【いだてん】のあらすじ(ネタバレ)です!

 

ロサンゼルスオリンピックに向かった田畑政治率いる日本選手達。

水泳の高石は、キャプテンながらオリンピック出場選手から外されてしまいました。

しかし、田畑の『日本を盛り上げよう』という気持ちを知ると、高石自身も受け入れる事が出来た様です。

 

では、第30のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~!

 

スポンサーリンク
 

【いだてん】30話あらすじ(ネタバレ)水泳選手たちのメダルは?

 

【いだてん】30話あらすじ(ネタバレ)水泳選手たちのメダルは?

 

7月30日、ロサンゼルスオリンピックが開幕した。

しかし実況放送は中止になったという。

 

ラジオで実況をすると客足が遠のくからと、アメリカのオリンピック組織委員会から待ったがかかったのだ。

日本での放送なら影響ないと思うのだが、例外を認める訳にはいかないという事になっていた。

 

松内たちは、当日の結果だけでも競技後に現地スタジオから放送しようかと考えていた。

しかし田畑は、それじゃ新聞に勝てない。と言った。

 

新聞社は現地で撮った写真を迅速に掲載する為、船舶、飛行機、オートバイを駆使して写真を届けるのだ。

 

すると、河西は別の放送方法を思いつく。

それは、ただ結果を使えるのではなく、我々がスタジアムなりプールなりで競技を見て、感じたままを記憶し、このスタジオで実況のように再現する。というものだ。

 

これを『実感放送』と呼ぶ事に決まった。

競技場からスタジオまでは車で10分ほどだし、アナウンサーは競技を見たあと、選手同伴でスタジオに移動し、実感を込めてしゃべる。

 

そうして陸上の実感放送が行われた。

そこでは実感を込めるあまり、約10秒の競技放送時間が1分にもなった。

 

8月7日、いよいよ水泳競技が開幕した。

100m自由形決勝では、宮崎が初の金メダルを獲得する。

 

オリンピック東京招致は?

 

田畑は選手たちをリトルトーキョーの日本料理店に連れて行き、宮崎の祝勝会を開いた。

ウエイトレスのナオミに、女子平泳ぎのチケットを渡して見に来るようにと、田畑が言った。

 

そこに治五郎と岸が現れた。

治五郎は、オリンピック招致が難航していると田畑に言った。

 

他国は早くから名乗りを上げており、かつ日本は欧米からの距離の問題に加えて、満州事変以来、国際社会での評判が落ちていた。

 

だがドイツの動向によっては日本にもチャンスはある。

ヒトラーが首相になれば、4年後のベルリンオリンピックを返上する可能性が高い。

 

そうなると、8年後の本命であるローマが4年後に繰り上げられ、東京の招致が成功するかもしれないのだ。

 

孝蔵は質屋で自分が入れた羽織が店に置かれているのを見つけた。

 

こいつは売れねぇよ。万朝って噺家が流れねぇように。って毎月金ぇ置いてってんだ。

 

その羽織は、かつて万朝が孝蔵に送ってくれたものだ。

万朝は、廃業した芸人仲間がそのうち戻ってくるから、また着せてやるんだ。と言っていたそうだ。

 

水泳競技のメダルの行方

 

田畑が選手村に戻ると、大横田が腹を抑えて寝込んでいた。

宮崎によれば、大横田は4、5日前から熱があり、腹も壊していたという。

 

しばらくすると、今度は前畑が、腹が痛いと言いだした。

前畑は、願掛けでお守りを飲み込んだらしい・・・

 

孝蔵は、おりんと共に寄席に出かけ、万朝の高座を見た。

万朝は、かつてとは別人のように腕を上げており、拍手喝采を浴びていた。

 

楽屋に万朝を訪ねると、孝蔵は土下座して弟子にしてくれ。と頼み込んだ。

 

弟子はおかしい。だって孝ちゃんは真打じゃねえか。

 

そうか、じゃぁ、金貸してくれよ。

 

孝蔵は、その金で質屋から羽織を出し、破門された三語楼師匠にわびを入れて、柳屋甚語楼(やなぎやじんごろう)の名で再スタートを切った。

 

大横田は、胃腸カタルだと診断された。

リレーのアンカーだったが、翌日に400m自由形の決勝を控えているので、リレーには別の選手を出そうという事になった。

 

鶴田が高石にアンカーを任せようと提案すると、田畑も賛成した。

しかし、松澤が『あれ、全種目制覇して日本を明るくするんじゃないんですか?』と言った。

 

結局、リレーのアンカーは横山隆志が務める事になり、日本チームは世界新記録で優勝した。

 

しかし、翌日の400m決勝で大横田は銅メダルにとどまった。

大横田は、その後の実感放送のスタジオで、日本に向けて泣きながら謝罪をした。

 

実感放送という、全く新しいやり方でオリンピック競技を放送をする事が決まった。

田畑の希望通りの『全種目制覇』にはならなかったが、それでも素晴らしい結果となった。

孝蔵の方は、万朝のおかげで落語家として新しいスタートを切る事になったのだ。

【いだてん】31話あらすじ(ネタバレ)に続く

大河ドラマ【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで!

【いだてん】再放送と見逃し配信情報!過去の大河ドラマもお得に視聴する方法!

2019大河ドラマ【いだてん】キャスト表!

スポンサーリンク
 

【いだてん】放送終了後の感想一覧表!【1話~最終回まで】