2019年大河ドラマ【いだてん】のあらすじ(ネタバレ)です!

 

田畑政次の弾丸説得で、次々とスポーツ界の発展へと繋がっている様子です。

そして、自分の将来についても色々と思い悩んでいた人見絹枝の気持ちにも変化が。。。

アムステルダムオリンピックでは、女子陸上初出場ながら銀メダルを獲得しました。

そして水泳界では、田畑政次の野望は果てしなく続きそうですが・・・

 

では、第27話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~!

 

スポンサーリンク
 

【いだてん】27話あらすじ(ネタバレ)実次の四三への思い

 

【いだてん】27話あらすじ(ネタバレ)

 

アムステルダムオリンピックのあと、田畑政次は次のロサンゼルス大会に向けて必勝プランを3つ立てた。

 

◎ 監督・コーチの早期決定

◎ 世界標準の競技用プール建設

◎ 打倒!アメリカ

 

総監督には田畑政次、監督は松澤一鶴、助監督は野田一雄に決定した。

そして、神宮外苑にプールを作る計画を立て、田畑は松澤と共に、岸に資金の提供を依頼した。

 

オリンピック直前に日米対抗戦の生のレースを国民に見せるんです。この日本でアメリカを徹底的に叩きのめし、自信喪失に陥れてやるんですよ。

 

その言葉を聞いて岸は力になる。と約束し、神宮プール建設工事が始まった。

 

ある日、ランニングを終えて帰宅すると実次が訪ねてきていた。

実次が東京に来たのは、16年ぶりだ。

 

震災復興後の東京の町並みを見て、実次は感心した。

 

ようここまで持ち直したばい。そろそろ四三も熊本に帰ってこんね。

 

実次危篤

 

実次が東京に来たあの日からしばらくして、熊本から『アニキトク』の電報を四三は受け取った。

すぐに熊本へ帰ったが、実次の臨終には間に合わなかった。

 

死因は急性肺炎だった。

東京から戻った実次は、こんな事を言っていたという。

 

嘉納治五郎先生に会うて、四三がお世話になりましたってお礼ば言うてきたけん、いつ熊本に連れ戻しても構わん

 

兄は父親と同じく、嘉納先生に会ってもいないのに、そんな嘘をついたのか・・・

そこまでして自分を熊本に帰らせたかったのかと四三は思った。

 

その夜、実次のそばで寝ずの番をし、四三はつぶやいた。

 

兄上、そろそろ潮時ばい。

 

孝蔵は、柳屋三語楼(やなぎやさんごろう)の弟子になり、柳屋東三楼(やなぎやとうさぶろう)と名を変えていたが、師匠の羽織と着物を質入れして破門されていた。

 

昭和3年1月には、長男・清が誕生したが、産婆に払う金もなかった。

そんな孝蔵は、納豆売りを始めてみたが、一向に売れない。

 

そして毎日納豆を食べる生活で、おりんがキレた。

 

私ゃ、納豆混ぜる為にあんたの女房になったのかい?

 

だったら、お前が売ってみろってんだ!

 

その言葉で、おりんは外へ飛び出した。

孝蔵は、皆からあんな綺麗な女房、泣かしちゃいけねぇって・・

そうだな・・・出来た女房だよ、ほんと。とつぶやいた。

 

するとおりんが泣きながら帰ってきた。

 

私は、寄席ぇ出て欲しいんです。それだけなんです。

 

田畑と四三

 

関東大震災から7年が経った、昭和5年、東京市長の長田は記念事業として、東京市が何を行うべきか頭を悩ませていた。

そこへ秘書の清水照男が言った。

 

オリンピックはどうですか?

 

同じ頃、田畑悲願の神宮プールが完成した。

神宮プールではこけら落としとして、極東大会が開かれた。

 

※ 極東大会・・・フィリピン・中華民国・日本を主な参加国として、1913年から34年まで開かれた国際競技大会。

 

この大会では、16歳の前畑秀子が200m平泳ぎで日本新記録を出し、注目を集めた。

そして田畑は、故郷の浜松で14歳の宮崎康二という逸材を見つけた。

 

そうして神宮プールでの日米対抗の開催が決定した。

以前、30歳で死ぬと占い師に言われていた田畑だったが、現在32歳になっていた事に気づいた。

 

その頃四三は体協を訪ね、治五郎に『熊本に帰る事にしました』と告げた。

 

参ったな。今、君を失うのは惜しい。

 

そう言って治五郎は、東京へのオリンピック招致の件を聞かされた。

 

兄が亡くなりました。

 

聞いたよ。あんなに元気だったのに。

 

四三は驚いた。

実次は治五郎とは会った事がないはずだ。

 

しかし、実次は上京した際、講道館を訪ねていたという。

※ 講道館・・・嘉納治五郎が1882年に創設した柔道道場

 

実次は道着姿で、勝負を挑んだそうだ。

 

治五郎は一本背負いで実次を放り投げた。

そのあと、実次本人から四三の兄だと聞かされたのだった。

 

実次が家族に言った話は嘘ではなかったのだ。

すると、田畑が現れた。

 

治五郎が席を離れている間、2人きりになった。

すると田畑が四三に尋ねた。

 

あなたは3度オリンピックに行かれましたな。その中で一番の思い出は何ですか。

 

紅茶と甘いお菓子が美味しかったね。

 

田畑はあきれたが、その後こう言った。

 

水連は陸上の事、目の敵にしてたけどね。金栗さんだけは認めない訳にはいかない。

 

扉の側で、まだ部屋から出て行っていない四三は、恥ずかしそうにその言葉を聞いていた。

 

四三の兄・実次が亡くなった事で四三は熊本へ戻る決意をした。

治五郎に会ったと家族に告げていた実次の言葉を四三は信じていなかったが、実際に治五郎に会っていた事を知った四三は、なんだかホッとした様だ。

田畑は念願の神宮プールが完成した。

オリンピックへ向けてこれからという時に、本当に四三は熊本に帰ってしまうのか・・・

【いだてん】28話あらすじ(ネタバレ)に続く

大河ドラマ【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで!

【いだてん】再放送と見逃し配信情報!過去の大河ドラマもお得に視聴する方法!

2019大河ドラマ【いだてん】キャスト表!

 

スポンサーリンク
 

【いだてん】放送終了後の感想一覧表!【1話~最終回まで】