2019年大河ドラマ【いだてん】のあらすじ(ネタバレ)です!

東京に来て、ついに四三はマラソンと出会う事となりました。

そして東京高師では徒歩部へ入部し、メキメキとその実力が開花し始めるのです!

 

では、第4話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~!

 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで

 

 

 

スポンサーリンク
 

【いだてん】4話あらすじ(ネタバレ)足袋で走る四三誕生!

 

【いだてん】4話あらすじ(ネタバレ)足袋で走る四三誕生!

 

明治43年10月、東京高師の恒例行事『秋の長距離走会』の日がやってきた。

スタート直前、トイレに行きたくなり用を足しているとスタートの号砲が鳴り、四三はいきなり出遅れてしまった。

 

しかし四三は『すっすっ、はっはっ』の呼吸法で、他の生徒をごぼう抜きしていったのだ。

そうして四三は、見事三着でゴールした。

 

表彰式で四三は、治五郎から銅メダルを受け取った。

 

君は予科か?

 

はい!

 

※旧制学校で本科へ進む前の予備教育の課程の事。

 

子供時代から憧れていた人に声をかけてもらって、四三はとても感激だった。

 

そんな四三は、東京で熱中出来るものに出会った事を家族に手紙で知らせたのだった。

しかし返事には、実次の厳しい言葉が書いていた。

 

四三よ、お前は何か思い違いをしておるぞ。体の弱いお前を東京へ行かせたのは、勉強をさせるためだ。かけっこに熱中しろと言った覚えはないぞ。

 

家族にとって自分は、今でも体の弱い子供なのかと四三は落胆する。

そんな四三の脳裏にスヤの言葉が蘇った。

 

丈夫な体ば、お国の為に使うか、自分の為に使うか、決めるとは四三さんたい。

 

走り続ける決意

 

走り続ける決意

 

実際、スヤの言った言葉はその通りだ。と四三は思い、今後も走り続けようと決めた。

そして、自分なりに勝つ為のポイントをノートに書き出してみた。

 

その一 排便ばする。

そのニ わらじは好かん。

その三 スタミナ。

 

この3点は、過去に四三が失敗した事による改善するべき点だ。

そして四三は、本科に入ったら『徒歩部』に入部する事に決めた。

 

※ 徒歩部 ・・・ 現在の陸上部

 

その後、本科生となり四三は予定通り徒歩部に入った。

そこで四三は、他の部員達を圧倒する。

 

放課後は橋本三郎(はしもと さぶろう)や、後輩の野口源三郎(のぐち げんざぶろう)ら、部の仲間たちと豚鍋をつついて、スタミナの補充に努めるようにした。

 

だが、この頃になっても履物の問題は解決していなかった。

当時はまだ日本製の運動靴が無く、輸入品は高級で四三には手が出なかった。

 

足袋との出会い

 

足袋との出会い

 

昭和35年、志ん生が自宅でローマオリンピックの特別番組を見ていると、知恵(ちえ)が志ん生に言った。

 

すごいよね。あべべ。裸足で走ったんでしょ?東京オリンピックにも来るかな。

 

※ あべべ ・・・ 1960年ローマ、1964年東京、のオリンピックで優勝したエチオピアのマラソン選手。

 

知恵は、五りんが初めて弟子にしてほしいと志ん生を訪ねてきた時に、付き添っていた人物だ。

 

五りんだったら、今日はまだだよ。

 

知ってる。お昼ごはん一緒に食べる約束してるの。ここで待ってて。って。

 

四三は、大塚仲町にある『播磨屋(はりまや)』という店を訪れた。

播磨屋は、明治35(1902)年、職人の足袋を中心に手甲、脚絆、猿股などの製造販売を行う専門店として、東京高師近くで創業した。

 

走るのに最適な履物を求めていた四三は、足袋で走る事を思いついたのだ。

店主の黒坂辛作(くろさか しんさく)から足袋を買って走ってみると快適で、砂利道でも痛くなかった。

 

体を軽くするには?

 

体を軽くするには

 

明治44(1911)年の10月6日、治五郎は、ストックホルムオリンピックの参加選手選抜のための予選会開催を大々的に発表した。

 

四三は、それに挑戦すると決めた。

四三が出るならばと、橋本、野口も予選会出場を決めた。

 

三人は予選会に向けて『脂抜き走法』に取り組み始める。

これは、出来るだけ汗をかいて体内の水分を出し、体を軽くして走るというものだ。

 

四三たちは、徹底的に水分を絶った。

食事の際はお茶も飲まず、味噌汁は具だけを食べ、走り込みのあとでさえ、つばを飲んで喉の乾きに耐えた。

 

この頃、治五郎はオリンピック予選会の準備に追われており、羽田の競技場づくりは、大日本体育協会理事の大森兵蔵(おおもり ひょうぞう)の指導に従って進めていた。

 

大森は、アメリカに留学しYMCAで体育を学んでいて、陸上トラックに見識がある。

 

※ YMCA ・・・ キリスト教育年会

 

アメリカ人女性と結婚しており、妻は日本名の『安仁子(アニコ)』を名乗っていた。

 

自然に従え

 

自然に従え

 

脂抜き走法を始めて6日目、ついに野口と橋本は水を飲んでしまう。

四三だけは、懸命にこらえ続けたが、8日目に体に異変が起きた。

 

寄宿舎の風呂場で気を失ってしまったのだ。

それから四三は、砂糖水を作り、飲んだ。

 

体調は、瞬く間に回復した。

四三は、この出来事から『自然に従え』という事を学んだ。

 

食いたいから食う。

走りたいから走る。

 

迎えたオリンピック予選会の11月19日、四三、野口、橋本ら徒歩部の面々は、羽田の海岸近くをさまよい歩いていた。

 

・・・野口君、ここさっきも通ったばい。

 

あろう事か、四三たちは迷子になってしまったのだ。

 

マラソンに夢中になった四三。

徒歩部に入ってストイックに練習するが、命の危険がある方法を試していた事に気づく。

そして、予選会が行なわれる羽田競技場へ行く途中、道に迷ってしまう。

四三たちは無事羽田競技場に到着し、予選会には間に合うのか?!

 

【いだてん】5話あらすじ(ネタバレ)に続く

2019大河ドラマ【いだてん】キャスト表!

【いだてん】再放送日と過去の大河ドラマを観たい方必見!

スポンサーリンク

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで