2019年大河ドラマ【いだてん】のあらすじ(ネタバレ)です!

 

美川秀信から聞かされた『嘉納治五郎』という名前。

幼き頃、父に連れられ、嘉納治五郎に会いに行こうとした記憶がよみがえります。

さてその名前を聞いた、四三の決意は・・・?

 

では、第3話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~!

 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで

 

 

 

スポンサーリンク
 

【いだてん】3話あらすじ(ネタバレ)東京高師の嘉納治五郎とマラソン

 

 

【いだてん】3話あらすじ(ネタバレ)東京高師の嘉納治五郎とマラソン

 

古今亭志ん生は、妻のおりん、娘の美津子、弟子の今松に黙って『小松』という青年を弟子にしていた。

 

そんな小松に志ん生は『五りん』という高座名を与えていた。

明治42(1909)年秋、18歳になった四三も、その頃自宅の庭で井戸水を浴びていた。

 

東京高師へ

 

実次は、東京行きに賛成し、見事四三は東京高師に合格する。

明治43(1910)年の春、家族に見送られて、美川とともに四三は上京した。

 

その晩、四三と美川は東京高師の寄宿舎に入った。

寄宿舎の監督かかり、略して『舎監』は永井道明(ながい どうめい)だ。

入学式では治五郎の姿を見て、四三は感動した。

 

東京でも冷水浴と韋駄天走りでの通学を続け、熊本出身の教師・福田源蔵(ふくだ げんぞう)や柔道の達人の徳三宝(とくさんぽう)らと出会い、四三は充実した日々を過ごした。

 

春野スヤとの再会

 

その年の夏、帰省した四三は春野スヤと再会する。

 

授業で歌うたびに皆に笑われるので、四三は放課後、こっそりと線路沿いの神社でスヤに教わった『自転車節』を練習していた。

 

その日の夕食の席で、スヤは女学校卒業後、名家の跡取り息子と見合いをするのだとシエから聞かされ、四三はショックを受ける。

 

夏休みが終わって東京に戻る日、四三は美川と列車に乗り込んだ。

列車が動き出すと、美川が窓の外を指さした。

 

線路脇の道をスヤが自転車で走っていた。

 

四三さーん、達者でぇー!自転車節ば、歌ってねぇー

 

四三とスヤは懸命に手を振り合った。

 

ほととぎす

 

東京に戻った四三は、美川に釣れられ、浅草六区の映画館で『ほととぎす』という作品を観た。

 

映画のあと美川は、通りすがりの小梅から声をかけられた。

 

美川は以前も一度、小梅に声をかけられた事があったのだ。

そのまま美川は四三と話しをしながら、小梅を後にしたが、話していても心ここにあらず。。。といった状態だった。

 

マラソンとの出会い

 

その後、美川は四三に『用事を思い出した。』と言って、来た道を引き返していった。

さっき会った小梅に会いにいく為だ。

 

そして一人残された四三の前に、いきなりたくさんのランナー達が駆けて来た。

 

この日、浅草で『全国学生大競争会』が行われていたのだ。

四三は、これがマラソンとの初めての出会いとなった。

 

幼き頃に会えなかった嘉納治五郎の名前を聞き、東京高師に合格した四三。

そんな四三を春野スヤは『自転車節』で応援する。

そうして東京で治五郎に出会った四三は、その後の運命を変えるマラソンとも出会う事となる。。。

 

【いだてん】4話あらすじ(ネタバレ)に続く

大河ドラマ【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで!

2019大河ドラマ【いだてん】キャスト表!

天狗倶楽部とは?押川春浪が中心となったメンバーのエピソード!

 

 

スポンサーリンク

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【いだてん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで