2018年大河ドラマ【西郷どん(せごどん)】のあらすじ(ネタバレ)です!

では、第1話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~!

 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【西郷どん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで

 

【西郷どん】再放送は?更に再放送も見逃した場合は・・・?!

 

スポンサーリンク
 

【西郷どん(せごどん)】第1話 あらすじ(ネタバレ)!

 

 

薩摩のやっせんぼ

 

小吉は、下級藩士である西郷家の長男として生まれた。

たくましい体と、澄んだ瞳を持つ十二歳の少年に成長し、下加治屋町で暮らしていた。

 

薩摩藩では、年長者(二才)が年少者(稚児)に読み書きや武芸、礼儀作法などを教えていた。

それを『郷中教育』といった。

 

朝もやの中、小吉たちを乗せた小舟が、磯の船着き場に着いた。

小吉たちが垣根を乗り越え、御殿近くまで来た時、番卒に見つかってしまった。

 

裏山に逃げ込んだ小吉たちを番卒が追ってくる。

すると、すさまじい爆音と突風の音と共に、うずくまった小吉たちの上に土や木の枝が降ってくる。

 

真っ黒い顔をした男が言った。

皆、天狗かと思いびっくりして逃げて行ったが、一番小さい村田新八が捕まった。

 

新七を心配しながら小吉が、菓子にありつく為だと男に言い、拳を握って向かっていく。

男は、小吉を軽々と投げ飛ばしてから、新八を地面に降ろした。

 

そして、口止め料だと言って天狗の様な男は、カステラを渡した。

そのカステラをむさぼり食う少年達をよそに、小吉は包み紙に書かれていた横文字に目を留めた。

 

―  Cangoxina  ―

 

小吉は天狗の呪文の様なその文字が気になった。

 

島津斉彬

 

西郷家は、祖父の龍右衛門を筆頭に、祖母のきみ、父・吉兵衛と母・満佐、小吉と弟の吉二郎、琴、鷹、安の三人の妹たち、計9人の大所帯だ。

 

弟たちの為にも自分は強くなりたい・・

 

ある日、島津久光が馬に乗って現れた。

その久光の後ろに控えている武者を見てハッとなった。

 

・・・あんときの天狗?!

 

小吉にとっては、夢のような出来事だった。

 

絶望と希望

 

妙円寺詣りで、負けた事を逆恨みした栄作たちに襲われ、小吉は右肩に大怪我を負ってしまった。

 

小吉は右腕の腱が切れ、刀が持てなくなってしまったのだ。

小吉と家族は打ちのめされた。

 

必死に構えようとしても、木刀はあっけなく手から滑り落ちる。

もう生きていても仕方がない・・・そう思ったその時、馬のひづめの音が聞こえてきた。

 

狩り姿の斉彬と異母弟の久光が土手道を馬で駆けていく。

小吉は夢中であとを追った。

 

そして狩場で見つけた斉彬の前に飛び出し、怪我をして二度と刀が持てなくなった事、死ぬ決意をした事、その前に一目斉彬に会いたかった事を告げた。

 

そんな小吉を斉彬は叱咤し、思いがけない事を言った。

 

いずれ刀だけの世界は終わる。

これからは弱気者の声を聞き、民の為に尽くせる者こそが真の強き侍となる。

 

 

その後ろ姿を見送る小吉だった。

それからほどなくして、小吉は『Cangoxina』の文字を目にすることになった。

 

赤山の屋敷で初めて世界地図をみた時、地図の薩摩の上に『Cangoxina』と書いてあるではないか。

興奮している小吉に、赤山が読み方を教えてくれた。

 

カゴシマ・・・

 

 

【西郷どん】2話あらすじ(ネタバレ) へ続く

 

【西郷どん】1話(1/7)感想『薩摩のやっせんぼ』

 

【西郷どん】感想一覧表!(1話~最終話まで)

 

大河ドラマ【西郷どん】キャスト表!

 

【西郷どん(せごどん)】子役キャストを紹介!演技力や評価は?

 

スポンサーリンク