2018年大河ドラマ【西郷どん(せごどん)】のあらすじ(ネタバレ)です!

最終回はいつ?と思っている人も多いと思いますが、【西郷どん】最終回の放送日は12/16(日)ですよー。

見逃さないでくださいねー!

では、第47話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~! 

 

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【西郷どん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで

 

【西郷どん】放送終了後の感想一覧表!【1話~最終話まで】  

 

【西郷どん】再放送は?更に再放送も見逃した場合は・・・?!

 

スポンサーリンク
 

【西郷どん(せごどん)】最終回!第47話あらすじ(ネタバレ)!

 

【西郷どん(せごどん)】最終回!第47話あらすじ(ネタバレ)!

 

翌朝、隆盛は四百人ほどの小隊で陣を出発した。

可愛岳を越え、すでに鹿児島を固めていた政府軍の包囲網を突破し、市街が見下ろせる城山を占拠した。

 

隆盛と新八は、足元の平たい石に刻まれた文字に気づいてハッと顔を見合わせた。

昔、郷中の仲間たちとここに登り、隆盛が刻んだ『Cangoxina』の文字がまだ残っていたのだ。

 

国の区切りの時には誰かが死なねばならん。おいは死んでやらにゃならん。一蔵どんの為にも・・・

 

糸と菊次郎、熊吉は、東京から隆盛に投降を勧めに来た従道によって、無事、鹿児島の家に帰された。

 

隆盛らは、城山の洞窟にこもっていた。

残りは四十名。いよいよ最後の時が来ようとしていた。

 

政府軍は、翌日の城山総攻撃を決定。

ただし、五時までに降伏すれば助命する旨を通達してきた。

 

内国勧業博覧会で多忙なはずの大久保が、最後の最後で政府軍に指令を出したのだ。

だが、隆盛は一笑に付し、返答すらしなかった。

 

そうして明治十年九月二十四日の未明、山形率いる政府軍は、総攻撃を開始した。

久武が銃弾に倒れ、桐野、新八、別府、辺見、琴の息子・宗介も戦死した。

 

そして隆盛も被弾し、自害する。

享年五十一であった。

 

両軍合わせて一万三千人以上の戦死者を出した『西南戦争』は、ここに終結した。

 

久光と海江田、静岡でふきと暮らしていた慶喜、従道と糸たち家族は、思い思いにその死を受け止めた。

 

龍馬とよろしくやってるか、西郷どん

 

勝は、夜空を見上げてつぶやいた。

大久保は、西南戦争が終結した翌年、馬車で赤坂仮御所へ向かう途中に暗殺された。

 

その手には、隆盛からの書状が握られていたという。

 

国を一つつくるというのは、全くえらかことじゃなぁ。じゃっどん、こいでなんとか出来上がる事じゃろう。あと百年、百五十年経ったらどれほどか、ましな国になる事じゃろうなぁ。

 

天を敬い、人を愛した男の一生であった。

 

【完】

 

【西郷どん】大久保利通(一蔵)は瑛太が!吉之助との秘話を紹介!

 

【西郷どん】吉之助と大久保は何故対立する事になったのか?

 

2019年大河ドラマ【いだてん】キャスト表!

 

いだてんあらすじ予想!大河ドラマ東京オリムピック噺を知ろう!

 

スポンサーリンク

各話のあらすじ(ネタバレ)は、こちらからどうぞ!  ↓

【西郷どん】あらすじ(ネタバレ)1話~最終回まで

 

【西郷どん】放送終了後の感想一覧表!【1話~最終話まで】  

 

【西郷どん】再放送は?更に再放送も見逃した場合は・・・?!